ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

2012年06月

ネオご当地グルメ「支笏湖アキヒメ温玉ライス」に出会った おはようございます! 北海道2泊3日の旅、いよいよ3日め、最終日です。 今日も、良い天気です。 良かった良かった。食べ歩きへと向かいましょう! 1軒めは「支笏湖」。千歳市にある淡水湖で、周囲約4
『JALPAK×はんつ遠藤コラボ企画[北海道編]美里(支笏湖)』の画像

旭川に歴史あり。歴史に八条はま長あり。 そしてついに旭川! 本日3軒めのグルメです♪ 旭川といえば、一番有名なご当地グルメは、 旭川ラーメンです。 動物系&魚介系のダブルスープで、魚ダシが効いた、熱々の醤油ラーメン。 戦後まもなく誕生した「蜂屋」
『JALPAK×はんつ遠藤コラボ企画[北海道編]八条はま長(旭川)』の画像

富良野を出発したら、さらにクルマは北へと向かいます。 目指すは、旭川! 富良野から旭川までの通りは、 北海道の中でもトップクラスの風光明媚なところです。 途中の深山峠では ラベンダー&ラベンダーアイスを堪能。 その先の美馬牛峠もステキな景色ですね!
『JALPAK×はんつ遠藤コラボ企画[北海道編]富良野→旭川』の画像

富良野といえばカレー。カレーといえば唯我独尊 さて、富良野に到着。 富良野といえば、ドラマ「北の国から」が有名ですね。 脚本は倉本聰さん。主に麓郷地区を中心に撮影されました。 とはいえ、第一回放送は1981年10月って・・・・・・もう30年以上前なんだ! 最後が200
『JALPAK×はんつ遠藤コラボ企画[北海道編]唯我独尊(富良野)』の画像

豚丼を堪能した後は、一路、富良野へ向けて、クルマを走らせます。 途中で道東道(高速道路)を。 十勝平原SAで、ちょこっと休憩。 まさに北海道って感じの風景ですね〜 トマムICで降りて、トコトコと西へ、北へ。 そして、富良野に到着。 JALPAK×は
『JALPAK×はんつ遠藤コラボ企画[北海道編]帯広→富良野』の画像

豚丼の元祖は味も雰囲気もほのぼの 北海道2日め。 今日は、帯広からスタートです。 帯広は空港もあるほどの北海道の中でも大きな都市。 人口約17万人の、道東有数の市です。 最近では簡易店舗型の屋台がずらっと並ぶ「北の屋台」が盛況で、全国の自治体などか
『JALPAK×はんつ遠藤コラボ企画[北海道編]ぱんちょう(帯広)』の画像

はじめて味わう、ししゃも風味のコロッケ さらにクルマは走ります。 浦河町から北のほうへ。そして着いたのが広尾町。 広尾には以前からちょっと気になるご当地グルメがあります。 それは・・・ しゃロッケ 最初に聞いたとき、なんだか分からず。 じっと文字
『JALPAK×はんつ遠藤コラボ企画[北海道編]王府(広尾町)』の画像

さて、またクルマは走ります。 浦河町もサラブレット養成の牧場が多いです。 そんな中、ふと前方左側を見れば・・・ 馬の銅像が!! 谷川牧場。 浦河町にある牧場です。 銅像は「シンザン」 日本最初の五冠馬として知られています。 五冠とは、クラシック三
『JALPAK×はんつ遠藤コラボ企画[北海道編]谷川牧場(浦河町)』の画像

銭湯でラーメンが食べられるなんて! そして新冠町からクルマは東へと走り、浦河町へ。 こちらには、とても気になる銭湯が。 それが「まさご湯」 戦後からずっと続く、由緒ある銭湯です。 「旅の途中で、地元の銭湯もいいですね」 そうですね、確かに。 通
『JALPAK×はんつ遠藤コラボ企画[北海道編]ラーメンまさご(浦河町)』の画像

苫小牧でホッキカレーを堪能した後は、 クルマで海岸沿いの道路を東へと走っていきます。 この界隈は サラブレット街道と呼ばれています。 今日は曇り空ですが、 それでもコバルトブルーの海・・・ 北海道というよりも、沖縄に近い雰囲気で ちょっと新鮮。。
『JALPAK×はんつ遠藤コラボ企画[北海道編]サラブレット街道(新冠ほか)』の画像

↑このページのトップヘ