ジューシーな能登牛ローストビーフに舌鼓を打つ

北陸の旅、2日めです。

a-hokuriku0801
輪島を出発したクルマは途中で千枚田を眺めつつ、能登半島最北端を目指します。
a-hokuriku0802
a-hokuriku0803
途中で、窓岩ポケットパーク。

そして本日1食めは珠洲市の「E'cafe(イーダッシュカフェ)」

a-hokuriku0804
珠洲市の多目的ホール「ラポルトすず」内。

a-hokuriku0805
a-hokuriku0806
オープンタイプのカフェで、明るくて開放的な雰囲気。
こちらは創業約30年の「レストラン浜中」直営のカフェです。

a-hokuriku0814
切り盛りしているのは奥様の浜中悦子さん。

a-hokuriku0808
お目当ての料理は「能登丼」!
「能登丼」をご存知でしょうか?
石川県の中でも奥能登と呼ばれる輪島市、穴水町、能登町、珠洲市。ここで、味わえるネオご当地丼ぶり。

定義は・・・

<食材>
奥能登産のコシヒカリ(米)を使用
奥能登の水を使用
メイン食材に地場でとれた旬の魚介類、能登で育まれた肉類・野菜又は地元産の伝統保存食を使用

<食器>
能登産の器を使用
能登産の箸を使用
箸はお客様にプレゼント

<調理>
健康、長寿、ヘルシーにこだわる(塩分控えめ、動物性油を使用しない、もしくは少量使用)
オリジナリティ(奥能登らしい、店独特のもの)あふれる丼
奥能登地域内で調理し、提供

なので、各店舗とも個性溢れる1品を創作して、提供しています。その数、なんと59軒!!

a-hokuriku0809
その中から能登半島最北端の珠洲市で「能登牛」を使用した能登丼があると聞き、訪問したというわけ。
ワクワクしながら、待つこと数分、出てきたのがこちら「能登牛DONBURI(ローストビーフ)」!!

a-hokuriku0810
器も珠洲焼を用いています。
そして能登牛のローストビーフが豪快に盛り付けられています。
a-hokuriku0811
柔らかい赤身の風味と、いしるも使用した甘めの秘伝のタレがベストマッチ。
さらに温泉玉子♪

a-hokuriku0812
みそ汁や・・・

a-hokuriku0813
お新香もついて、1380円!!お得だ!!

朝からすでに大満足。
ごちそうさまでした!!

E'cafe(イーダッシュカフェ)
石川県珠洲市飯田町1−1−8(ラポルトすず内)
0768−82−8301
10:00〜17:00
定休日:火曜日と12/28-1/1
能登牛DONBURI(ローストビーフ) 1380円


JALPAK×はんつ遠藤コラボ企画[北陸編]目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51895575.html