アツアツで量もたっぷりの釜あげうどんに大満足♪

さらにまたクルマは走り、ついに香川県の県庁所在地である高松市にやってきました。

朝も昼もうどんでしたが、夜もうどんです。
目指すは「日本一のうどん」

a-ehime1001
ありました。
日本一のうどん、の看板。

そして坂を上っていき、お店の駐車場に到着。

a-ehime1002
「ざいごうどん 本家 わら家」
a-ehime1003
お店はここから階段を下って行ったところです。

a-ehime1004
a-ehime1005
昭和50年創業の大御所。
江戸時代末期のわら葺屋根の民家を移築した作りは
重厚な中に和の壮大なる威厳が漂っています。

a-ehime1007
a-ehime1008
店内に入れば、古民家の作りを生かした、ゆったりとした空間。
a-ehime1006
真ん中に釜が鎮座し、陰陽石が祀ってあります。そして天井も高く、居心地抜群。

一見、高級店に見えますが、
そこが「わら家」の凄いところ。

一番人気の「釜あげ」は、特大(2人前もしくは1人でお腹いっぱいサイズ)でも900円とお値打ち!
こちらは最初に入口でオーダーして、お代を支払い、席について待つシステム。

a-ehime1011
席で待っていると、まずは、生姜と青ネギが運ばれてきます。
a-ehime1010
なので生姜をすりつつ、うどんが登場するのを待ちます。

a-ehime1009
そして登場!
うわぁ、でかい!!

a-ehime1012
湯気がもうもうと立ち込めるさまは、もうアツアツで、美味なる予測が充分に伝わってきます。


そこで、とっくりから器にダシを注ぎ。。(アツアツなので気を付けよう)

a-ehime1013
で、麺をゆっくりと器に持っていき、そして、ふ〜ふ〜した後に、ずず〜〜〜・・・・・・


熱い!旨い!!

太くてアッツアツのうどんが、小麦粉の良い風味をも携えながら、適度なコシと表面のもちっとした良さを前面に出して、一気に押し寄せてきます。

これは凄いなぁ、旨いな〜、ふ〜ふ〜!!

ダシも申し分のない、節類がバシっと効いたタイプ。
けっこうしっかりとした風味で、それがまた存在感のあるうどんに負けずに絡まり、一体化!
しかも量が多いので、食べ終わる頃には満腹、大満足。

こちらは駐車場も広いし、大所帯なので、けっこう大型バスなんかでどどっと来れるお店です。
そんな忙しいお店なのに、きちんとした接客、そしてきちんとした味は、さすがです!
ちなみに「ざいご」とは「田舎」とか「郷里」っていう意味らしい。

敷地内には民家博物館「四国村」やティールーム「異人館」もあります♪

ごちそうさまでした!!!

ざいごうどん 本家わら家
香川県高松市屋島中町91番地
087−841−4384
平日 3−11月 10:00〜19:00
    12−2月 10:00〜18:30
土日祝・年末年始 9:00〜19:00
年中無休
釜あげ 特大 900円

JALPAK×はんつ遠藤コラボ企画[愛媛・香川編]目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51902534.html