十和田の中でも珍しき、十和田湖和牛を用いたバラ焼きを満喫

さぁ、クルマは八戸を後にして、今度は十和田市へと向かいます。
青森は広く、距離はありますが、渋滞が少なくて走りやすいのもいいですね。

そして今度、向かった先は・・・

a-aomori0801
「道の駅 奥入瀬ろまんパーク」
こちらは奥入瀬観光の東玄関口といわれ、親水公園や野外ステージなどがあり、美しい景観が楽しめる広大な道の駅です。
四季彩館という観光物産館もあり、お土産を買うのにも便利。

敷地内にはステーキレストランや地ビールレストランなどもあり、食事もGOOD。

a-aomori0802
その中で僕が訪れたのは「ステーキレストラン 味蕾館(みらいかん)」
2日めの3食めはこちらで「十和田バラ焼き」を頂きます!

十和田バラ焼きとは、
十和田市内約60軒で提供されているご当地グルメ。
「十和田バラ焼きゼミナール」という任意団体もあり、
http://www.barayaki.com/index.html

そちらの説明によると

「標準的には牛さんのバラ肉と大量のタマネギのみを、しょうゆベースの甘辛いタレで味をつけ、鉄板で焼く料理のことです。
昔ながらのバラ焼きはこのスタイルなのですが、現在では、タマネギのほか、ピーマンが入っていたり、ニンジン、キャベツ、モヤシ、

シメジが入っているお店もあります。
また、牛さんのほかにも、豚さんのバラ肉が使われていたり、はたまたあるお店では馬さんのお肉のバラ焼きがあったりします。」

だそう。

歴史をたどれば三沢市で誕生したようで、それがどんどんと広がり、
特に十和田市で大盛況となり、今では発祥の三沢市を追い越して、十和田市だけでも約60店舗で提供されているとか。

その中で、非常に迷ったのですが、
こちら「味蕾館」へとやってきました。

a-aomori0804
店内は、中央に円形のカウンター、それを囲むようにテーブル席。
木の温もりが素敵ですね!

a-aomori0806
こちらはステーキハウスなので、もちろんステーキもメニューに。

a-aomori0805
そして「バラ焼き」!
お分かりでしょうか、こちらを選んだ理由が。
そうです。十和田湖和牛のバラ焼きなのです♪♪

十和田市内でバラ焼きは各店でいただけますが、実は地元の和牛を用いている店舗はとても珍しいのが実情。
もう、メニューを見ただけで、ワクワクです♪♪

a-aomori0809
そして「バラ焼き」登場!(写真は2人前)

a-aomori0808
ライスセット(ライス、お味噌汁、ミニサラダ付き)もオーダー。
a-aomori0811
a-aomori0810

目の前に、生の十和田湖和牛、そして大量の玉ねぎが盛られて登場し、目の前で火をつけてくれます。

a-aomori0812
最初は強火で。玉ねぎを中心に炒めます。
わぁ、だんだん、グツグツしてきた!

a-aomori0813
次に玉ねぎがしんなりし始めたら、中火にして、牛肉も一緒に炒めていきます。

a-aomori0814
そして、中火より、少し火を落として焦がさないように、焼きしめて完成!!

a-aomori0815
うわぁ。。。
甘辛いオリジナルのタレが後をひきますね。
玉ねぎの甘みもいいなぁ。
そしてなんといっても、十和田湖牛の程よい弾力とジューシーさは特筆モノ♪

a-aomori0816
こんな風に、オン・ザ・ライスで味わうのも一興。
贅沢な牛丼だなぁ(^_^;

ちなみにバラ焼きは

十和田市産にんにく
十和田市産 生卵
トロけるチーズ
キャベツの千切り
(各100円)
などを追加すれば、更においしく味わえるとか。

a-aomori0817


いやぁぁぁ、おいしかった!!!

ごちそうさまでした!!!

ステーキレストラン 味蕾館(みらいかん)
青森県十和田市大字奥瀬字堰道39−1
道の駅奥入瀬奥入瀬ろまんぱーく内
11:00〜19:00(L.O.18:30)
無休

十和田湖和牛 バラ焼き 1050円(写真は2人前2100円)
ライスセット(ライス、お味噌汁、ミニサラダ付き)315円

JALPAK×はんつ遠藤コラボ企画[青森編]目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51908547.html