久留米ラーメンは意外にあっさり

福岡市で博多ラーメンを堪能した後は、一路、久留米市へと向かいます。
久留米市は福岡県の南部。特にゴム産業が盛んでした。なにせブリヂストンの創業地です。他にも月星化成(旧ムーンスター)などもそう。
でも料理で言えば、なんといっても久留米ラーメン。なにせトンコツラーメンの発祥の地といわれているのです。諸説はありますが、ある屋台でスープを煮出しすぎて白濁してしまい、試しに飲んだら美味しかったので、誕生したとか。

なので、さきほどもラーメンを食べたばかりですが、やはりここは久留米ラーメンを食べなければいけないでしょう!両者の違いも分かるし(汗)

a-fuku0202
なにせ発祥地ってくらいですから、老舗の店舗も多いです。が、今回は、敢えて、今、ノリにノッている『本田商店』へと向かいました。
22年9月の創業。父が『筑後 丸福ラーメン』を営まれていて、その2号店的な位置づけで、息子である本田眞一さんが切り盛りしています。

a-fuku0201
「とんこつラーメン」と「久留米式ちゃんぽん」が2枚看板。

a-fuku0203
昭和30年代を意識した作りの店内に入れば、右奥に製麺室。そう、こちらは自家製麺でもあるのです。

a-fuku0205
何をオーダーしようかな、と思っていると、ふと目に留まったのが
「ホンダラーメン3号 眞味(しんあじ)」
この9月に誕生したばかりの新作だそう。

じゃあ、それをオーダーしましょう。

a-fuku0204


a-fuku0206
「まずは、スープだけを味わってみてください」と本田さん。
そこで、調味料が混ざらないように気を付けながら、一口。やや茶色がかったスープは、あれ?意外にも、あっさりです。久留米のラーメンというと「呼び戻し」といって、当日にスープを少し残し、そこにまたトンコツを継ぎ足してガンガン煮出す、いわゆる「継ぎ足し」タイプ。なので、濃厚ドロドロトンコツじゃなかったっけ?

「そう思われてるんですが、確かにゲンコツとカシラのみで、2日がかりで作る「呼び戻し」なんですが、実は久留米のラーメンってコクがあるけど、意外にあっさりなんです」

へぇぇぇ、それは多くのラーメン好きが勘違いしている事実ですね。もちろん僕も。『大砲』とか『魁龍』とかのイメージが強すぎるみたい。

a-fuku0207
で、見た目でわかりますが、いろんな調味料が添えられています。
黒い液体は「くろマー油(まーゆ)」といって、にんにくなどを焦がしたもの。熊本ラーメンに入っていることが多いです。
白い団子状のは「しろマー油」で、にんにくを焦がさずにラードなどと合わせたものだそう。
赤い調味料は「特製唐辛子味噌」。
黒で焦がしにんにくのコク、白でにんにくの風味、そして赤でピリ辛テイストと、それぞれ楽しめ、そして最後はコク、風味、ピリ辛テイストが三位一体。味の変化が楽しめます♪

a-fuku0208
自家製麺は、中細タイプ。1日半おいて熟成させた麺で、低加水、しかも8層麺で、中細ながらしっかりとした強さを醸し出しています。
8層麺って、分かります?自家製麺を作るときにまず、麺帯を2つ重ねて1つにして、2層になっている麺帯を作ります。
それをまた重ねて、圧力をかけて麺帯にすれば、4層になりますよね?
さらにそれをまた重ねて、圧力をかけて麺帯にしたら、8層になりますね。
それを切り出すので、中細なのに8層になっているわけです。ミルフィーユを想像してもらえば分かるでしょうか?
こうすることによって、中細なのにしっかりとした強さが出ます。
当然に通常の自家製麺よりも何倍も時間がかかるわけです。それでも、一生懸命、日々、作っているわけです。凄いな。。

a-fuku0209
「眞味」は見た目が派手なので、今ドキの新しいタイプに見えますが、スープ自体は、王道の久留米系。ちなみにこれが、普通のラーメン。

a-fuku0210
そして、帰りがけに、ふと、店内で目に留まった「本田商店」の看板。
「あ、これは、久留米で曾祖父が営んでいた卸問屋の看板なんです」
本田家は代々、卸問屋さんだったそう。で、父の代でラーメン店を始め、自分も脱サラしてラーメンの世界へと入ったそう。

業種は変われど、本田イズムは代々受け継がれていくのでした。

おいしかった!!

ごちそうさまでした!!

拉麺 久留米 本田商店 (ほんだしょうてん)
福岡県久留米市南3−27−29
0942−55−4065
11:00〜15:00 18:00〜22:00
土日祝11:00〜22:00
無休
ホンダラーメン3号『眞味』半熟味玉子入り 780円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画[福岡編]目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51916548.html