懐かしき直方「焼きスパ」を様々な味で提供

さて、門司港で焼きカレーを堪能した後は、また南西のほうへと戻っていきます。それにしても、福岡県は広いです。まぁ、九州自動車道があるので便利ですが。

で、今度、向かった先は、直方市。こちらでは、今、「焼きスパ」が盛んです。
株式会社福岡県観光連盟の運営するWebサイト「福岡県観光情報クロスロードふくおか」
http://www.crossroadfukuoka.jp/jp/
の「直方焼きスパ」の説明によると、
1980〜90年代に『夕やけ』という喫茶店があって、焼きスパが名物だったそう。
で、2010年に直方市がツイッターで「ご当地グルメって何?」みたいな問いかけをしたら、それを懐かしむ声が多く、「焼きスパ広め隊」も結成され、今では約30店舗で提供されるようになったとか。

いちおう、定義というか4ヶ条もあって・・・
1.使うのはパスタ麺であるべし!
2.キャベツ・タマネギ・豚肉を入れるべし!
3.トマトケチャップベースのソースを使用すべし!
4.麺や具材を焼くべし!

4つくらいの決まりだと、わりと緩めで、個性も出せて良さそうですね。

a-fuku0601
というわけで今回は「Sola Cafe」へ。
頓野保木の高台を上って行った先に、お店があります。
駐車場も広くて便利。

a-fuku0602
a-fuku0603
店内に入れば、わぁ、学校の机が並ぶ、懐かしさただよう雰囲気。

a-fuku0604
約40名のハンドメイド作家さんの作品も販売なさっています。

a-fuku0605
メニューを拝見すれば、もう、目移り必至。
でも今回は「焼きスパセット 焼きそば風」をオーダー。

a-fuku0606
セットなので、焼きスパの他に
a-fuku0610
ガーリックトースト
a-fuku0609
サラダ
a-fuku0611
スープ
a-fuku0612
デザート&コーヒーも。
これで850円はお得ですね!野菜も地元メイン。ちなみにお米マイスターでもあるそうで、お米は熊本の無農薬無肥料の棚田米を使用とか。

a-fuku0607
焼きスパは、細パスタで食べやすいです。
a-fuku0608
作り方を伺うと、鉄板にまず、マヨネーズを入れて温め、そのあとに茹であがったパスタを流し込む。味付けはケチャップも使うけれどソースも加えて、メニューにもあるとおり、焼きそば風に。なのでナポリタンじゃなくて、花ガツオも踊って、ちょっと和風寄りな仕上がり。細パスタなので、食べやすいですねー。

a-fuku0613
石田さんご夫妻は、もともとエステを営業なさっていて、そのお客様向けにカフェをと、考えていたそう。それがどんどんと本格的になり・・・。
学校の机は、使わなくなったものを頂いたそう。その上に、板を貼り、切って、自分たちで塗って。店内もご夫婦自ら施工に携わったとか。

高台にあるので、昼間は眺めもよく、また、夕日も美しい、まさに『Sola Cafe』。

おいしかった!!

ごちそうさまでした!!

Sola Cafe
福岡県直方市頓野保木492−10
0949−26−8809
11:00〜20:00(L.O)早じまいあり
火曜日と第3日月火
焼きスパセット 焼きそば風 850円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画[福岡編]目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51916548.html