丸天をオーダーごとに揚げるうどん店が登場!

福岡といえば「博多ラーメン」「久留米ラーメン」などの他、「戸畑ちゃんぽん」など麺料理もご当地として人気の地。その中で、最も歴史があるのが「博多うどん」です。
何せ博多区上川端町の『かろのうろん』は明治15年(1882年)創業ですから100年を優に超えています。
讃岐うどんはコシといいますが、博多うどんはもっちり感。これがまた、格別。ダシにこだわっているところも多く、食べ歩くと案外ハマるのです。

そんな博多うどんですが、2012年3月に「凄い店が誕生した!」という噂を聞きつけ、早速訪問。場所は地下鉄七隈駅を出たらすぐあたり。

a-fuku0801
丸天うどん専門店…見た瞬間に凄いです。博多のうどん店の中でも、ここまで丸天に特化した店舗も珍しい。丸天とは、いわゆる「さつまあげ」みたいなもので、魚のすり身を丸く平たくして、揚げたもの。

a-fuku0802
a-fuku0803
店内に入れば、まるでカフェのようなクリーム色を基調とした優しい雰囲気。「女性にも人気」という前評判も伺っていたのですが、まさにそうでしょう。

a-fuku0804
店主の平井秀一さんは、日本料理歴30年。
「ここまで、丸天に特化したお店が無かったもので」と、微笑みます。

a-fuku0805
それにしても、いろんな丸天があるものですね。ごぼう、きくらげ、玉ネギ、山芋、里芋、鶏なんこつ、チーズ、えび、青じそ、牛すじ・・・。それらが、丸天に練り込まれているようです。
で、見せてくださったのが、これ。
あれ?揚げてない?

「そうなんです。オーダーが入ってから、揚げます」

えええ?いわゆる、通し揚げ?そんな丸天、初めて聞きました。
というより、時間がかかりそう?

「いえいえ、あらかじめ蒸してあるので、揚げ時間は1分半くらいとかです」

へぇぇ、そういうものなんですね。知らなかった。うどんを茹でている間に、できちゃう。

a-fuku0806
そして登場。
ダシの香りもいいですね。さすが日本料理出身。
カツオ、うるめ、サバ節、羅臼昆布などの天然食材が溶け込んだダシは爽やかでいて節類の深みも。塩を使用せず、醤油&みりんで、ふわっと味付け。旨い!!

a-fuku0807
うどん自体は那珂川町の有名店『麺やほり野』からの直送だそうで、もっちりとした食感にハマります。

a-fuku0808
途中で、ゆず胡椒を加えてもいいですね♪

a-fuku0809
そして、揚げたての丸天。熱々で香ばしくて、すり身の旨みと香りもふわふわっとだだよう逸品。今回は「ごぼう丸天」にしたので、ごぼうも入っています。

いやぁ、博多うどんもどんどん進化しますね。

おいしかった!!!

ごちそうさまでした!!!

丸天うどん専門店 万平
福岡県福岡市城南区七隈4−8−19
092−407−7195
11:00〜15:00 17:00〜22:00
第1,3火曜日休み
ごぼう丸天うどん 480円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画[福岡編]目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51916548.html