創業50年の博多鉄なべ餃子で、人情に触れる

いよいよ福岡の旅も大詰め。福岡空港へと戻る前に、最後の「ご当地グルメ」と行きましょう。
トリを飾るのは…「博多鉄なべ餃子」!

福岡市内には数系統ありますが、その中でも特に人気の『鉄なべ 荒江本店』へ向かいます。

a-fuku0901
あたりはもう、すっかり真っ暗。その中に「鉄なべ」の文字が燦然と輝いています。
a-fuku0902
ロゴマークが、鍋と鍋蓋になっている!かわいい(*^^*)

a-fuku0903
2階へと進めば、店内はカウンター席とテーブル席、小上がりなど。
想像していたよりもずっと広々としています。

a-fuku0905
『鉄なべ 荒江本店』は博多鉄なべの元祖と言われています。お母さまの二田寿子さんが北九州の鉄なべ餃子屋さんで修業を積んで、昭和37年に博多駅前の屋台でスタート。昭和46年に当地、荒江に店を構えたそう。

「今の建物は、平成8年に建て替えたんです。それまでは狭くて、向こうの交差点のほうまで行列ができちゃったりして、大変で〜」と笑う、娘の美紀さん。お母さまも健在ですが、今は美紀さん夫婦と息子さんたちが中心となって切り盛りしています。

a-fuku0904
メニューを拝見すれば、餃子はもちろんのこと、定食や魅力的な一品たちも。

a-fuku0906
迷ったすえに「貝汁定食」。しかも、+100円で、おかずをポテトサラダ(これも人気らしい)に変えてもらって。せっかくなので丸い鉄鍋いっぱいに入った餃子が見たくて、餃子だけは3人前で(笑)

a-fuku0907
いやぁ、この作戦が大当たり!
餃子自体は小ぶりなので、もちろん1人前9個でもいいけれど、けっこうイケちゃいます。
a-fuku0908
カリっと焼かれていて、クリスピー。国産の豚肉&キャベツ、ニラ、ニンニクで作られた肉あんも甘めで柔らかくて、軽めでサクサクっと何個でもイケちゃう。
a-fuku0909
a-fuku0910
a-fuku0911
酢醤油と一味主体のラー油のほか、ゆず胡椒も合うけれど、何にもつけなくても美味!

a-fuku0912
「皮まで全て手作りなんですよ〜」と笑う二田さん。
凄いなぁ、大人気店なので、多い日は何個作るか伺えば、3000個(汗)
鉄鍋に木の蓋がちょうど良いらしく、適度に蒸気が抜けて、おいしくカリっとできるのだとか。


それにしても、餃子自体の味付けが深みがあっていいですね〜、と伺うと…

「実は餡のタレに、手羽先を作った時のタレを混ぜているんです。なので、手羽先も作り続けないと、餃子が作れない(笑)」

a-fuku0913
おお、じゃあ、せっかくなので、と頂いたのが、こちら「手羽先」。
普通は手羽先って、もっと小さいというか、先の部分だけですよね?でもこれは「手羽元」まで付いています。しかもこれが柔らかい!!とろとろっとした食感と甘めに仕上げたられたタレの味。これは、ぜひ頼まないと!!


a-fuku0914
しかも「特製レバニラ」も旨いというので、もう、福岡グルメ旅も最後のお店だし、このまま福岡空港へ向かうだけだし、と思い、オーダー♪ 豚レバーがたっぷりで、やや甘めで九州らしい味付け。これはタレに梨も入れてるそう。いろいろ隠し味が!

いやぁ、もう、十分です。
おいしさいっぱい、おなかいっぱい。
しかも創業50年の老舗にもかかわらず、接客もとっても優しくて、地元の人はもちろん、観光客も大歓迎。僕ら観光客が食べてると、近所の人が「お持ち帰り」を買いに来たりと、もう、いろんな人に大評判。

最高ですね、『鉄なべ 荒江本店』。福岡に来たら、また来よう♪

おいしかった!!!

ごちそうさまでした!!!

鉄なべ 荒江本店
福岡県福岡市早良区荒江3−10−4
092−841−1549
17:00〜25:00(24:00L.O)
日曜17:00〜24:00(23:00L.O)
月曜休(祝日の場合は営業、翌日休み)

貝汁定食(ポテトサラダに変更)+餃子2人前 1050+1000円
手羽先 250円
特製レバニラ 500円

JAL×はんつ遠藤コラボ企画[福岡編]目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51916548.html