閉店しました


甘めな油揚げと爽やかな生姜天が絶妙にマッチ

おはようございます。大阪2日めです。
今日は大阪市内でも「ミナミ」と呼ばれる地域をうろうろ。
a-oosaka0401
まずは、大阪市営地下鉄御堂筋線などの、なんば駅を出て、「釜たけうどん」へと向かいます。この界隈は「裏なんば」と呼ばれ、個性的な飲食店がどんどんとオープンして、ちょっとした話題になっているところ。最近も立ち呑みスタイルの屋台村が出来たりして人気です。
その地で「裏なんば」が流行るずっと前、2004年にオープンしたのがこちら。先見の明があるとでも申しましょうか♪今では梅田にも支店があります。

a-oosaka0411
ご主人は木田武史さん。もともとは電気関係のお仕事をなさっていましたが、うどん店主への道を歩んだ方。とても人望が厚く、木田さんがお店を始めてから、さらに大阪のうどんシーンが盛り上がりました。その後に誕生した新店舗も多いです。

a-oosaka0402


a-oosaka0403
一番有名なメニューは、竹輪と半熟玉子の天ぷらの載った「ちく玉天ぶっかけ」。
今回もそれをいただこうと向かえば・・・
「ぜひ新作を!」と、木田さん。

実はこちらは、レギュラーメニューの他にもさまざまな新作が登場することでも有名です。ちょっと前は「キムラ君」なる、キムチとラー油を用いたメニューを考案して話題になり、数十店舗でも導入するという事態になりました。

そして今回は・・・
「きつねがり、です!」

は?

a-oosaka0404
これです〜、と指差す方向を拝見すれば、写真つきのPOPが。
なるほど、きつねうどんに生姜(しょうが)の天ぷらが載るわけですね。

a-oosaka0405


a-oosaka0406
そして登場。
「きつねうどん」といえば、従来から大阪にある定番。その元祖は「松葉家(現・うさみ亭マツバヤ)」と言われています。そこに、生姜の天ぷら。

a-oosaka0407


a-oosaka0408
あれ?紅生姜の天ぷらはあるけれど、生生姜を細めに切って天ぷらにするのは珍しいですね。初めて見たかも。
サクサクっとした生姜の良さが残りつつも、揚げてあるので、食べやすいです。
僕は生姜大好きなので、なんだかすごく嬉しい。
メニューにかいてある通り、だんだん、ポカポカしてきます。

a-oosaka0409
油揚げはけっこう甘めに炊いてあります。
それを、さすが大阪ならではのダシの効いたつゆと一緒に入れて、温めるため、つゆも甘めな仕上がり。
「生姜天に合うように、わざと甘くしているのですよ〜」と木田さん。
なるほど、生姜の爽やかさと油揚げ&汁の甘さが相反するようでいて、実は両横綱的なバランスを保つわけですね。

a-oosaka0410
そして自家製うどんは、前日練りで、足踏み工程を経て作られ、中はもちっと、外はつるっとした仕上がり。
もともとは讃岐うどんを踏襲した麺でしたが、徐々に大阪に合うように、コシがありつつも、もちっとした方向性へと変わりました。そして今ではそれは「大阪讃岐うどん」なる一ジャンルへと進化しました。

a-oosaka0412
ちなみに生姜天の別バージョンで「とんがり君」もありました。
豚肉と生姜天ですね(笑)

おいしかった!!
ごちそうさまでした!!


閉店しました


釜たけうどん
大阪府大阪市中央区難波千日前4−20 せんだビル1F
06−6645−1330
11:00〜16:00(うどんなくなり次第終了)
月曜日
きつねがり 780円
とんがり君 780円

JAL×はんつ遠藤コラボ企画[大阪編]目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51926398.html