ラーメン&やきとり、両方が楽しめる


浅草は東京の中でも屈指の観光地ですね。浅草寺を中心として境内やその周辺には魅力的な飲食店がひしめき合っています。
その中で、特に最近、注目を集めているエリアが「裏浅草」と呼ばれる一帯。
浅草寺の北側、言間通りを渡ったエリアです。

a-tokyo0501
「麺酒房 喜粋」もこの界隈。昨年2012年10月1日にオープンしたばかりの新店です。
外観からしてラーメン店らしからぬ和の雰囲気。割烹料理やさんと言っても通じるような造りです。
a-tokyo0502
店内も個性的な、やや弧を描いたカウンター。そして小上がり。以前の鉄板料理やさんだった内装を活かして、それに手直しを加えたそう。だから、こういう作りなんですね。

ご主人は根津のあたりの出身で、お母さまも谷中で骨董(アンティーク)やさんを営んでいるそう。ご主人自身は虎の門の「つくね」というやきとり店、そして有名ラーメン店で修業を積んで独立したそう。

ラーメンのメニューを拝見すれば、看板メニューが2種類。
迷ったので、せっかくなので2種類ともいただく事に。

a-tokyo0503
まずは醤油わんたん麺。
清湯系の滋味あふれる1杯ですね〜。東京では数年前まで濃厚なラーメンやつけめんが流行していましたが、昨年あたりから清湯系の新店が増えてきました。こちらも、そんな1軒。
鶏がらベースの動物系スープと、煮干しなどで採った魚介系スープを別々に作って合わせる、いわゆるダブルスープ。両者のバランスが非常によい仕上がり。鶏油のふくよかな風味も漂います。チャーシューは三元豚で、脂分が少なくて、しっとり。

a-tokyo0504
麺もするりとしたのど越し、滋味あふれる醤油スープとの相性もぴったり。

a-tokyo0505
そして自慢のわんたん。これが、凄いイイ!ひき肉と一緒にゆず皮が練り込まれていて頂くと柚子風味も広がります。

a-tokyo0507
a-tokyo0506
a-tokyo0508
続いて白湯ラーメン。いわゆる鶏白湯スープなんですが、和の延長線上の仕上がりで、優しいクリーミー感がいいですね〜。こちらは鶏チャーシュー。
別皿で味変アイテムが付いてきます。すだち、高菜、自家製辛味噌。それぞれを途中で入れて、味の変化を楽しめます。

a-tokyo0509
夜はやきとりも評判。
つくね、たたき、レバーなど。
飲んで、やきとりを頂いて、〆にラーメンというのも、オススメ♪

おいしかった!!
ごちそうさまでした!!

麺酒房 喜粋
東京都台東区浅草4−13−2
03−6802−3435
11:30〜14:00 18:00〜翌3:00(2:00L.O)(日祝〜21:00)
定休日:第1,3月曜日
醤油わんたん麺 850円
白湯ラーメン 850円

JAL×はんつ遠藤コラボ企画[東京編]目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51930301.html