お花見のあとには、ハモニカ横丁


東京グルメ旅、いかがでしたでしょうか?

最後に番外編。

今回は東京スカイツリーなど、東京の東側がメインでしたが、もちろん都内には様々な観光スポットが存在します。吉祥寺もそのひとつ。
特に桜の時期は井之頭公園がとてもにぎわいます。

a-kitijoji
そんなお花見のあと、そうですね、特に夜桜見物のあとにぴったりなのが、吉祥寺駅北口に広がるハモニカ横丁。個性的な小さな店舗が軒を連ねています。

a-tokyo1001
a-tokyo1002
実はハモニカ横丁にはハモニカ横丁連絡会というのがあって、新仲見世商店会、北口駅前中央会、朝日通り商店会、吉祥寺祥和会、祥和会物販部の5つの会で構成されています。今、その代表をつとめるのが「酒房食堂 dish」のマスター、佐藤堅次さん。
吉祥寺の有名店「トークバック」の立ち上げの一人で、独立して、もう約5年だそう。
ワインや一品料理を味わいながら、いろんな話を伺うのも楽しいです♪

a-tokyo1003
a-tokyo1004
a-tokyo1005



酒房食堂 dish
東京都武蔵野市吉祥寺本町1−1−3
0422−22−2666
12:00〜14:30(L.O) 18:00〜24:00(23:00L.O)
不定休
グラスワイン 600円〜
(写真はシャトー・レ・トロワ・クロワ 7000円)
お肉のテリーヌ 730円
本日の魚のカルパッチョ 900円

Lunchはスパゲッティーなどのランチを提供(サラダ・スープ・ドリンク・デザート付き 1000円)

JAL×はんつ遠藤コラボ企画[東京編]目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51930301.html