コンビニでできたてが買えるやきとり弁当は豚だった!

いよいよ函館グルメの旅も大詰め。
海鮮丼、ラーメン、蕎麦、スペイン料理、フランス料理など、今回も千差万別な魅惑の料理に遭遇しました。その中で、真打に選びし料理は……

やきとり!!

実は、私は3月に東京・大手町にOPENした、ご当地やきとりテイスティングパークの名誉館長もしているほどの、やきとり好き。全国で様々なやきとりを頂いたことがあります。

a-hako0901
そんな私でも、こちらのやきとりに出会った時は、かなりの衝撃でした。
それが、「ハセガワストア」
函館の人々の間では「ハセスト」として誰もが知っているコンビニエンスストアです!

今回は、西桔梗店にご訪問。
市内・近郊に合計14店舗あるので、便利です。

a-hako0902
店内に入れば、一般的なコンビニの様相を呈しています。

a-hako0903
がっ、他のコンビニではお目にかかれない、やきとり弁当のカウンター!

a-hako0904
もちろん一本単位でも購入できますが……

a-hako0905
お目当ては「やきとり弁当」です。
バリエーションがいくつかありますが、今回はオーソドックスな「やきとり弁当(小)」をいただくことに。
味付けはタレ、塩、塩だれ、うま辛の4種類あります。
せっかくなので、タレと塩を。さっそくオーダー♪

私が衝撃を受けたのは、ここからです。
a-hako0906
まず、コンビニにも関わらず、店内で、やきとりを焼き始めるのです。
a-hako0907
途中で、調味料。

a-hako0908
さらに、衝撃なのが、これ。何やら黒っぽい液体を霧吹きで吹きかけています。
「あ、これ?はこだてわいんの赤だよ」
ええええ!!! 
よく、やきとり店で白ワインを吹きかけているところがありますが、赤ワインは珍しいですね。

a-hako0909
と、思った瞬間、やきとりが鶏じゃないことに気付いたのです。
「函館では、やきとりは鶏じゃなくて、豚なんだよね」
今でこそ、全国各地のやきとりを頂いてきたので、やきとり=鶏だけじゃないことを私は知っていますが、最初に遭遇したのは20年位前。完璧に驚きましたねぇ。

a-hako0910
店舗ではガスで焼いています。だいたい3分半〜4分で焼きあがるそう。けっこう、煙が!!

a-hako0911
そして完成!!
西桔梗店は広くてイートインスペースもあるので、さっそくいただくことに。
ちなみに私は、いつもは函館市内から空港へ向かう時に、通り道にある湯の川店に寄って購入して、搭乗する前にパクパクと楽しんでおります(笑)

a-hako0912
蓋を開ければ、タレに美しくコーテイングされた、やきとん、じゃなかった、やきとりが!
わりとまったりとしたタレの風味と香ばしい豚精肉が、まさに絶妙のタッグ。
タレがごはんと海苔と合わさって、これまたGOOD!

なぜ函館は鶏じゃなくて豚なのかというと、函館のある道南は養豚場が多く、鶏よりも豚のほうが安価だったからという説が有力です。「ハセガワストア」のWebサイトにも、そう書いてありました。さらにサイトによると「含まれているビタミンB1が体の疲れをとるのに有効」「疲れを吹き飛ばすのに最適なお弁当といえるかも」だそう。

a-hako0913
さて、塩のほうもいただきましょう。区別のために「シオ」って書いてある♪
a-hako0914
開ければ、豚精肉の旨みがダイレクトに伝わってきますね。ひとつ味わえば、香ばしき豚肉の旨みと程よい弾力。これ、隠し味にガーリックパウダーもかかっているとか。

a-hako0915
それと、他にも秘密が。この容器に「みぞ」がついていますよね?
a-hako0916
これはですね、こう、串を出して……
そして蓋をして、上から押さえつけて、串をクルクルと回転させれば、ほら、この通り!
a-hako0917
a-hako0918
豚精肉や長ねぎが抜けていくんですねぇ。ちょっとした気遣いが嬉しいですね!

a-hako0919
しかも、この海苔、全部くっついていながら、切れ目が入っている。この辺にもこだわりが感じられますね〜♪

豚精肉は自社の「やきとりセンター」で、毎日手作業で作られているそう。
それが各店舗へと配送され、そして、オーダーが入る毎に焼かれていくというシステム。

それにしても、なぜ、コンビニで「やきとり弁当」なのでしょう?
「ハセガワストア」は1958年の創業。74年には函館で一番早く24時間営業のコンビニとなりました。そして、78年のある夜、長谷川文夫会長自らレジを打っていたとき、酔ったお客さんが「弁当は無いの」と言われ、店内でおにぎりを作るための「ごはん」「のり」と、当時、焼き始めていた「やきとり」を、とっさに組み合わせたのが最初だとか。以来、改良を重ね、商品化されたそうです。
なので、このシンプルさ。これがまた、いいですね!というより、そのお客さんが来る前からコンビニなのに、やきとりを焼き始めていたというのが、凄い(汗)

でも「ハセガワストア」は、やきとり弁当だけでは、ありません。
a-hako0920
他の弁当もそうですし、なんと、パンも自家製。しかも店内奥で作られています!
a-hako0921
北海道産のバターをたっぷり使用し 懐かしい味にしあげたさっくりメロンパンの「北海道バターメロンパン」(118円)など、魅惑のパンがめじろおし!

おいしかった!!
ごちそうさまでした!!

ハセガワストア 西桔梗店 (市内・近郊に14店舗あり)
北海道函館市西桔梗店850−35
0138−49−0024
24時間営業
無休
やきとり弁当(小) 420円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画[函館編]目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51945089.html