水に感謝する、クラシカルなフランス料理店


秋田の美郷町は、のどかという言葉がぴったり。
都会のようにせかせかせず、ゆっくり時間が流れていく、そんな印象。

a-aki0301
3軒めは、そんな美郷町にぴったりのフランス料理店に伺いました。

a-aki0302
店名からして「ラ、カンパーニュ」
「田舎」です♪

a-aki0303


a-aki0304
オーナーシェフの田口 章さんは、東京の椿山荘、フォーシーズンズ、三重などのホテルで料理人として長年携われてきた方。地元の秋田に戻られて、約17年だそう。

今回は2625円のコースを。
実は田口さん、常にメニューを変えるので、ご覧いただいた方は、この料理が出るとは限りません。いや、殆ど出ません。というのも、何度も来てくださっているお客様に、常に新しい料理を召し上がって欲しいという考え方。
言葉でいうのは簡単ですが、レパートリーと腕、そして情熱が無いと出来ないですね♪

a-aki0305
コーディアのサン・テミリオン2009 5140円
ボディのしっかりとした、フランスはボルドーの赤ワイン。

a-aki0306
まずはオードブル
山菜であるこごみを用いたフラン。
フランとは、乳製品や卵などを用いて蒸した料理で、簡単に言えば、洋風茶碗蒸しのよう。こごみをミキシングして加えたそう。

a-aki0311
次にスープ
スープだけはほぼ定番だそうで、清らかな水と地元の玉ねぎ、かぼちゃのみで構成された、いわばパンプキンスープで、あきたこまちと一緒に炊いてとろみを出しています。

a-aki0307
スープの代わりに、スパゲッティーも選べます。
今回のは、山菜であるタラの芽、こしあぶらなどのパスタ。ガーリックオイルで仕上げています。
a-aki0310


a-aki0308
a-aki0309
メインは白神山地辺りで採れる鯛を用いた魚料理。
大仙の魚市場で仕入れた鯛をおろして、剥き身をミキシングして、合わせています。
きのこと生クリーム仕立てのムースで。
じっくりと手間をかけた一品は、さすがです。

a-aki0312
そしてデザート。
マンゴーのジュレなどが一皿にちょこんと載り、見ためも可愛らしい。

a-aki0313
パンとコーヒーも、ついています。

ちなみに「ラ、カンパーニュ」は水曜が定休日です。
というよりも美郷町は水曜定休日の店舗がとても多いそう。
「水に感謝しているからと言われているよ」と田口さんが笑いました。
なんという、素敵な町。

いわゆるクラシカルなフランス料理という印象でした。
爽やかで、そして優雅なひと時をありがとうございました。

おいしかった!!!
ごちそうさまでした!!!

ラ、カンパーニュ
秋田県仙北郡美郷町野中字中明子110−3
0187−84−3157
11:30〜14:00(L.O)
17:30〜20:00(L.O)
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)
コース 2625円
【注】予約したほうが確実


JAL×はんつ遠藤コラボ企画[秋田編]目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51951079.html