帯広にロメスパ登場!ナポリタンGOOD♪


「帯広に、楽しいスパゲッティ専門店ができた!」と聞いたのが、数か月前。いつか帯広に伺った際には寄ってみようと思っていたところ、まさかこんなに早く実現するとは!
ということで、いそいそと訪問。

a-obi0801
店舗は木造の平屋建て。共同駐車場があり、飲食店などが立ち並ぶ敷地内に、ちょこんと建っています。「チュプ」は昨年である2012年4月のオープン。なので、まだ1年ちょっとですね〜

a-obi0811
ご主人の猪俣大輔さんは、新潟県は上越の出身。最初は音楽関係の仕事に就こうと東京で働いていましたが、北海道の魅力に惹かれて転職し、最初は旭川、そして帯広へと移ってきたそう。特に帯広の雰囲気や街の人たちが大好きになって、お店を始めたとか。

a-obi0803
a-obi0804
店内も、とても個性的というか、可愛らしいというか、ほのぼのとしていますね。
まるで、おとぎ話に出てきそうな印象で、実はこの内装、猪俣さんの手作り♪

a-obi0802
a-obi0805
看板に「スパゲッティ」と書かれているとおり、スパゲッティ専門店です。
特に「ナポリタン」がイチオシのようで、いろんな種類が。
アイドルタイムにはカフェとしても利用できるようなので、ちょっとお茶だけで寄るのも楽しそう。ちなみにエスプレッソマシーンが導入されています。今は、コーヒー豆はイタリアのイリー。ケーキもあります。プリンは自家製。

a-obi0806
「ナポリタン」をいただきました。
厨房と客席は別になっていますが、小窓があって、作業している風景がちょこっと見えます。この「チラ見」スタイルもいいなぁ♪
と思ってたら、登場。
わぁ、量が多いですね。これで普通サイズ。極太の2.2mmのパスタは、もっちりとしています。妙にナポリタンのソースとパスタが一体化している気が。
「これは茹でて、寝かせておくんです」と猪俣さん。え?茹で置き?
そうなんです。実はこの手のパスタは「ロメスパ」と呼ばれて、今、全国的にブームが拡大中。簡単にいえば「路麺(ろめん)」と呼ばれる、立ち食いそばや、簡単にさっと味わえる麺料理店が今、人気で、そのパスタバージョン。路麺パスタ、路面パスタの略とも言われますが、もとをたどれば東京、有楽町の「ジャポネ」、大手町の「リトル小岩井」などが評判となり、そのスタイルをリスペクトしたスパゲッティ専門店が全国各地にどんどんできているというわけ。

a-obi0807
そんなロメスパは、この茹で置きスタイルを取るところが多いですね。これは回転率を上げるというのもありますが、一番重要なのは、茹で置きのパスタをソースとともに炒めていくことで、一体感のある仕上がりになるのだとか。

a-obi0812
それにしても、麺の存在感もいいですが、ソースが美味♪
トマトソースなどをブレンドして作っていくルウは、甘めな仕上がりで、帯広の方の味覚にもぴったり。ベーコンや赤、緑、黄のピーマン、マッシュルームなども合いますね。

a-obi0810
パルメザンチーズをかけてもGOOD♪

提供される水は、なんと炭酸水。もちろん無料です。
おかわりも自由だそうで、ちょっとびっくり。

a-obi0808
a-obi0809
で、普通のスパゲッティ専門店は、ここまでなんですが、「チュプ」には「パン」というメニューがあるんですね〜。いわゆるコッペパンをトーストしたもの。これもオーダーして、途中で「ナポリタンパン」を楽しむという(笑)

まだオープンして1年ちょっとですが、人気度は急上昇中。
その意味がとてもよく分かりました♪


おいしかった!! ごちそうさまでした!!


チュプ
北海道帯広市西18条南5丁目31−3
0155−41−2051
11:30〜16:30 17:30〜22:00(21:30L.O)
定休日:水曜日、第2,4木曜日
ナポリタン600円 パン100円

JAL×はんつ遠藤コラボ企画[帯広編]目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51958822.html