名古屋の喫茶店文化を堪能


おはようございます。
名古屋の旅、2日めです。

今日も午前中から「名古屋めし」オンパレード。
まずは、喫茶店へと向かいます。

名古屋は未だ、喫茶店文化が根強く残っています。
東京などですと、外資系の大手カフェチェーンが大評判で、小規模な喫茶店には厳しい時代。
でも、名古屋は喫茶店文化。朝から夜まで、個性派揃いの1軒が市内随所に見られます。

『コンパル』も、しかり。
昭和22年創業。現在9店舗を構えます。

a-nagoya0401


向かった先は大須商店街のほぼ真ん中に位置する『コンパル 大須本店』。
昭和の匂いが色濃く残ります。

a-nagoya0402


こちらでは「アイスコーヒー」をオーダーするのがオススメ。
巷ではアイスコーヒーをオーダーすると、すでに氷の入ったグラスで、出てきますよね。

a-nagoya0403


これが 『コンパル』スタイル!
別々に登場するわけです♪

a-nagoya0405


なので、ホットコーヒーは厳選した豆をブレンドして極細挽きに挽いて、専用のネルフィルターで抽出しているため、濃いめ。
そこに、甘くしたいときは白砂糖を入れます。
ガムシロップじゃないところがミソ。

a-nagoya0406


そしてグラスに注ぎます。

a-nagoya0407


さらにクリームを。これも濃厚。生乳だけで作られているそう。
完成です。他店のアイスコーヒーよりも、仕上がりも濃厚というか本格的な味わいがしますね。
それでいて、まるみのあるコクも。
これで、380円!!

a-nagoya0408



さて、料理もいただきましょう。
名古屋では「モーニング」という文化があります。
朝はコーヒーなどを頼むと、低価格(もしくは無料)で、パンや玉子などが付いてくるというもの。
こちらでも昭和35年から導入されているそう。

でも『コンパル』は、名物のサンドイッチがあるので、今回は、そちらを。
「エビフライサンド」。名古屋名物!

a-nagoya0409


エビフライが3本も。
そしてふんわり玉子焼きなど!

a-nagoya0410


いやぁ、しっかりとした美味しさ。
伺えば、全て手作り。エビも自ら殻むきし、揚げています。
そこに、カツソースとタルタルソースのダブルソースで仕上げたふんわり玉子焼き。
これらソースももちろん自家製!
これらを特注のトーストパンで挟んでいます。
このトーストパンも、程よい焼き加減!!

名古屋に来たら、ぜひ『コンパル』で、「エビフライサンド」と「アイスコーヒー」のセットを。
ハマります♪♪

おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!


コンパル 大須本店
愛知県名古屋市中区大須3−20−19
052−241−3883
8:00〜21:00
無休
アイスコーヒー 380円
エビフライサンド 890円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【名古屋編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51967330.html