小松繁華街で重宝する寿司&創作料理


小松市グルメ旅もいよいよ大詰め。最後の店舗となりました。
時はすでに17時すぎ。辺りも段々と暗くなり始め、そこにポッと灯りが。
場所は小松の繁華街の中心。末広交差点にほど近い地に『秀寿司』は、あります。
a-komatsu0901


店内に入れば、寿司店ならではのネタケースが見えるカウンター。そして奥には畳ながらテーブル席が並ぶ部屋が。
a-komatsu0902
a-komatsu0903


初代店主は藤田秀さん。現在は息子である2代目の秀二さんが中心となり、切り盛り。
a-komatsu0915


日本酒も地元・小松の「神泉」を始め、「天狗舞」「手取川」など石川のこだわりの名酒が。地酒は特に寿司と合いますね。各々のふくよかなる味わいが、相乗効果で料理をさらに昇華させます。
a-komatsu0904


まずは一品料理を。「香箱ガニ」。いよいよ石川でも解禁に。
日本海の幸の代表的な一品。甘みと旨みがたまりません。
a-komatsu0905
a-komatsu0906


「のどぐろ塩焼」
ふっくらとした身に脂の乗ったのどぐろ。この、熱々の塩焼を、ハフハフと言いながら味わうのもまた醍醐味。日本酒とも相性抜群。
a-komatsu0907
a-komatsu0908


「上にぎり」
甘海老、大トロ、えんがわ、赤イカ、赤貝、中おちなど。
鮮度が良く、瑞々しいお刺身は、わりと大きめで、食べごたえあり!
a-komatsu0909
a-komatsu0910
a-komatsu0911


a-komatsu0912



「生牡蠣」
能登半島からの直送だそう。石川県は縦に長く、半島もあるので、随所で様々な海産物が採れたり、名物料理があったりしますねぇ。まさに海のミルク。美味なる旨み。
a-komatsu0913


「ライスコロッケ」
小松にも優れた寿司店はたくさんあります。その中で『秀寿司』を選んだ理由は、実はこちらに。2代目の秀二さんは創作料理の腕も確か。そのため、従来の寿司店では無いようなメニューが。「ライスコロッケ」もそのひとつで、ライスの中には海老なども。しっとりとした内側と、サクサクとした外側のハーモニーも素敵な一品。
a-komatsu0914


繁華街という場所がら、営業は深夜2時まで。
もちろん寿司もいいですが、夜が深まった頃にちょこっと立ち寄り、創作料理などを、という使い勝手の良さも自慢です。

おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!

秀寿司
石川県小松市清水町7
0761−22−3066
17:00〜翌2:00
定休日:日曜日
神泉 大吟醸 4合瓶5000円
天狗舞 4合瓶6500円
手取川 4合瓶6500円
香箱ガニ 時価(1500円など)
上にぎり(1人前9貫)2000円(写真は3人前程度)
のどぐろ塩焼 時価(2300円など)
生牡蠣 時価(1000円など)
ライスコロッケ800円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画[小松市編]目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51969057.html