辛さが選べる宮崎名物「辛麺」


今回の宮崎グルメの旅は、ご当地グルメが次から次へと出てきます。それほど宮崎の食文化は奥深いものがあるという事ですね。
そして次に登場するのも、宮崎名物の「辛麺(からめん)」。
最近では宮崎に限らず、東京でもチラホラと辛麺専門店が登場しつつあり、全国区の有名度になりつつありますが、やはり、ここは本場の一品を。

もともと「辛麺」は、延岡市の『辛麺屋 枡元(ますもと)』が元祖。
今回は宮崎市のグルメ旅なので、市内で大評判の『辛麺屋 宮崎大塚店』へ向かいました。

場所は宮崎駅から西方に約3km。国道10号線沿いで、大淀川を渡ったあたり。
大きなパチンコ屋さんの隣にあり、駐車場も使用できるそうで、クルマならば特に行きやすい立地です。
a-miyaza0801


創業以来約17年。店内はカウンターや小上がりのほか、奥にテーブル席も。
東京・神田にある『御盛旬味家(おさしみや)』の系列店で、尾前幸一さんが店長として、こちら宮崎大塚店を切り盛りしています。
a-miyaza0802
a-miyaza0803
a-miyaza0809



「辛麺レギュラー」は辛さが選べます。0〜5倍は750円、6〜40倍は800円。
倍率は唐辛子の量だそう。イチオシという5倍にしました。
a-miyaza0804


見た目としては辛そうですが、実際にいただくと、結構、甘みも。
a-miyaza0805



ベースのスープは鶏がらと野菜だそうで、特に玉ねぎの甘さが出ているとか。そこに牛、鶏、豚の合いミンチがコクを加え、生卵を2個使用して、卵の旨みも活きています。そしてゴマ油の風味。そこに韓国唐辛子の優しい辛さが顔をのぞかせる感じ。にんにくも一緒に煮込まれていますが、思ったよりも匂いは気にならず、にんにくがお芋というかクワイのような柔らかさになっているのも良いアクセントに。
最近では東京でも「辛麺」が味わえる店舗が増えているので、これより辛さに重点を置いたところもあったりしますが、こちらはバランスがとてもいい仕上がり。
もっとも、もっと辛さを追求したければ倍率を上げていけば……。
a-miyaza0807
a-miyaza0808


『辛麺屋』では、麺が選べるのもポイントです。
今回のは韓国風麺と呼ばれる、いわゆる冷麺のような、蕎麦粉と小麦粉などで出来た、くにゅっとしたタイプ。他には中華麺、春雨、うどん、そして、ごはんも選択可。
何度も通う楽しさもありますね!
a-miyaza0806



おいしかった!! ごちそうさまでした!!

辛麺屋 宮崎大塚店
宮崎県宮崎市大塚町原ノ前1611
0985−53−1338
11:00〜15:00 17:00〜22:00
不定休(月2回。隣のパチンコ店の休みに準じる)
辛麺 レギュラー 5倍 750円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮崎編】目次に戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51977377.html