レトロな雰囲気で味わう名物「スパピザ」


創業1951年。天井の高い、古き良き昭和を感じさせる店内。4人掛けのテーブルが並ぶメインのホールのほか、入り口の右側にはカウンターもあり、Barとしても人気。それが『ホフブロウ』です。
a-yoko0101

a-yoko0102


会長の上田フサ子さんに、お話を伺いました。
もともとは、フィンランド人の、コモルアンドコモルさんがオーナーで始めた店だそう。コモルさんは貿易商で、お店を始めた当初は、外国船などが寄港し、船員の人たちが来たりして、レストランやバーが盛り上がったとか。
それを、継いだのが上田さん。もともとは、シルクホテルの前あたりにあり、立ち退きのため、約40年前に、こちらへ移転してきたそうです。
a-yoko0106


それにしても、素敵な店内の雰囲気ですね。
「これは、ノルウェー人の方がデザインしてくれたんです」と上田さん。
a-yoko0104

a-yoko0105


さて、一番人気の「スパピザ」をオーダー。
登場した一品は、鉄板の上に載った、いわゆる「鉄板スパゲッティ」。
湯気がフワーッと上がり、見た目からして熱々な印象。食欲をそそります。
a-yoko0107


それにしても「スパピザ」というネーミングからして洒落てます。
一見、チーズスパに見えますが、簡単に説明すると、下がミートソース、その上にパスタ、さらにミートソースをかけ、その上にオニオン、ピーマン、ベーコン、エビ、そして3種のチーズをのせて、オーブンで焼いたもの。

すぐにパスタをいただこうと思ってしまいがちですが、
まず最初は周りのチーズをはがしていく作業からスタートするのが、いいのだとか。
というのは、チーズがすぐにくっついてしまい、食べづらくなるので。
周りのパリパリとしたチーズの食感もGOOD!

そして、実際にパスタを。
ディラムセモリナ粉も使用した香りの強めなパスタです。
これが上手にチーズたちと絡んで、進みますねぇ。
このままでも十分ですが、パルメザンやタバスコなどで、味の変化も良さそう!
a-yoko0108


ちなみに『ホフブロウ』というのはドイツ語だそうで、正確には「ビール醸造所」の事。ミュンヘンに「ホフブロイハウス」という有名なビアホールがあり、そこに憧れたコモルさんが、似たような名前をつけた、と、伝わりますが、本当のところは良く分からないのだとか。第一、看板を見たらドイツ語のHOF BRAUの前に、英語のTHEがついているという不思議。
さすが横浜。いろいろ古すぎて、歴史がありすぎて、一筋縄では行きません♪
a-yoko0109

a-yoko0103



おいしかった!! ごちそうさまでした!!


ホフブロウ
神奈川県横浜市中区山下町25−1 上田ビル1F
045−662−1106
11:30〜15:00(14:30L.O) 17:00〜22:00(21:30L.O)
土日祝は11:00〜22:00(21:30L.O)
定休日:月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
スパピザ 1200円(ランチは850円)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【横浜編】目次に戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51986050.html