復活し、さらなる進化の「ハーバー」


かつて『崎陽軒』の「シウマイ」とともに、横浜を代表するお土産として評判だった、有明製菓の「ハーバー」。昭和29年に発売され、ロングセラーとなりました。
しかし、平成11年に倒産。一旦は市場から消えました。

それを復活させたのが「ハーバー復活実行委員会」。平成13年の事です。
横浜市民、旧有明製菓社員などにより新生、有明製菓が誕生。以前よりさらに美味しさを追求した新「ハーバー」が、巷に出回る事となったそう。

そんな「ハーバー」を求めてやってきたのが、「ありあけ本館 ハーバーズムーン」。
a-yoko0801


明るい店内は右側が焼菓子などのコーナー。
様々な焼菓子が並んでいます。
と、ともに、左側にはアイスクリームやジェラートなどのコーナーも。
なるほど「ハーバー」だけじゃないんだ!
a-yoko0802
a-yoko0803
a-yoko0804



そして「ハーバー」ですが、こちらも、今や様々な種類があります。
「横濱ハーバー」
「黒船ハーバー」
「ミルクハーバー」
「ハーバー」としては、他に「ハーバーロール(横濱、黒船の2種類)」というロールケーキバージョンもあります。
a-yoko0805


こちらが「横濱ハーバー」
薄くソフトなカステラ生地が、粒栗入りのたっぷりの栗餡をやさしく包み込んでいます。
しっとりとした食感と、口に広がるマロンの味わい。
復活したとはいえ、もともと人気の商品。でも、改めてじっくり味わうと、その完成度に驚くほど。
開発秘話を伺えば、かなり大変だったそう。
というのは、レシピが残っているわけではなく、復活の際に、元の創業の際に片腕として開発に携わったパティシエの方を探し、協力してもらい、試食を重ねながら、さらに美味しさを追求していき、より「しっとり感」を重視した作品が完成したのだとか。
a-yoko0806

a-yoko0807


ちなみに、この形状は波止場(ハーバー)に停泊する「船」をかたどっています。
また2009年からは横浜開港150周年を記念して、柳原良平さんの描かれたイラストに変更されました。


そんなお話を伺いながら、ふと店舗の左の方を眺めると、喫茶コーナーがあるではないですか?
a-yoko0808


せっかくなので、スイーツやコーヒーなどもいただく事に。
「ケーキプレート」(コーヒーまたは紅茶、緑茶つき)。
お好きなケーキに、アイスやチュイール、そしてドリンクがついたセット。
a-yoko0809
a-yoko0810
a-yoko0811


ハーバーを購入して、ちょこっと休憩して、また横浜散策。素敵な時を過ごせますね!


おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!


ありあけ本館 ハーバーズムーン
神奈川県横浜市中区日本大通36 シティタワー横濱1F
0120−005−436
10:00〜20:00
喫茶は11:00〜18:00(17:30L.O)
無休
横濱ハーバー 150円(税別)
ケーキプレート(コーヒーまたは紅茶、緑茶つき) 1000円(税別)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【横浜編】目次に戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51986050.html