釧路の蕎麦業界を牽引し続ける


釧路の蕎麦を語る際、無くてはならない存在の『竹老園東家総本店』。
初代の伊藤文平氏が、小樽の地にて明治7年に創業しました。
その後、函館に移転し、さらに釧路へ移転し、明治45年に再度、開業という、文字どおりの老舗です。
a-kusi0201
a-kusi0202

a-kusi0203


なにせ昭和29年には昭和天皇、皇后両陛下も訪れ、
天皇陛下が「蕎麦をお代わりなさった」という逸話まで残っている由緒正しき蕎麦店。

こちら『竹老園』は、「ひぶな」の生息する春採湖に面し、二代目の竹次郎氏が昭和2年に自身の隠居場所として築いたところを、景勝が素晴らしく、水質も非常に良好だったゆえに蕎麦店として営業を始め、現在、「東家総本店」として蕎麦を提供なさっています。
a-kusi0204
a-kusi0205
a-kusi0206


とはいえ、「もり」で680円と、リーズナブル!
今回は看板メニューである「竹老園特選コース」をいただきました。
a-kusi0207


緑の美しい庭などを見ながら席で待っていると、
なにやら、蓋のついた器が登場。
a-kusi0208


蓋を明けてみると、中はスープ。
「かしわぬき」と呼ばれるもので、いわば「台ぬき」。従来は、蕎麦を「ぬいた」ものを指しましたが、今は、かしわ(鶏肉)と長ねぎの入ったスープのこと。
醤油風味に、ほんのりと甘みが伝わる、滋味深き味わい。
a-kusi0210


次に、黄色っぽい蕎麦が登場です。
こちらは「蘭切りそば」と呼ばれるもので、
上更科粉に、新鮮な卵をつなぎとして作られた蕎麦で、卵黄の色と風味が格別。
本当は「卵切り」なのだが、「蘭切り」と称したのは、「蘭の花」のゆかしさを表現したそう。
a-kusi0211
a-kusi0212


そして、茶そば。
上質な抹茶を加えた蕎麦は、彩りも良く、茶の緑と風味が活きています。a-kusi0213
a-kusi0214


さらに、御重が登場。
ドキドキしながら蓋を開いていると、そこには「そば寿司」が。
今や全国各地で見られる「そば寿司」ですが、実はこちらが元祖。
昭和25年に三代目の伊藤徳治氏が2年の歳月を費やして創出したものだそう。
優しいグリーンの色をした蕎麦は、クロレラを練り込んだもの。
それを海苔、生姜の風味とともに甘酢で調理し、独特の爽やかさと旨みがかぶさっています。
a-kusi0215
a-kusi0216
a-kusi0217


歴史をじわじわと噛みしめながら、蕎麦をたぐる。
この上ない、幸せな時を過ごせました。


おいしかった!! ごちそうさまでした!!

竹老園東家総本店
北海道釧路市柏木町3−19
0154−41−6291
11:00〜18:00
定休日:火曜日
竹老園特選コース 2780円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【釧路編】目次に戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/51998953.html