バター入り濃厚ソフトを修道院でいただく


みなみ北海道2泊3日グルメの旅、いよいよラストの店舗となりました。
今日は会席料理的な松花堂弁当、そしてフレンチと豪華なA級グルメを満喫させていただいたので、最後はスイーツで〆。

クルマを走らせて、向かった先は、北斗市の『当別トラピスト修道院・厳律シトー会・灯台の聖母修道院』(通称:トラピスト修道院)。
並木道を進めば、煉瓦造りの本館。1896年(明治29年)に日本初の修道院として誕生しました。
a-minaho0901


グルメ旅なのに、なぜ修道院?とお思いの方もいらっしゃることでしょうが、有名なのは「トラピストバター」ですね。「バター飴」や「ジャム」「トラピストクッキー」なども人気商品。
a-minaho0906
a-minaho0905


院内には売店があり、それらの商品が購入できます。もちろんロザリオなども。
a-minaho0902
a-minaho0903
a-minaho0904


修道士は現在25名。朝は3時半に起床。3時45分読書の祈りから始まり、祈りは一日7回。「祈り、働け」をモットーに、労働と祈りの日々を過ごし、20時に就寝。

そんな彼らが作る商品で、院内の売店でしか味わえないものがあります。
それが「ソフトクリーム」
なにせ、クリームとワッフルコーンにトラピスト発酵バターを使用しているのです!
a-minaho0907
a-minaho0908


さっそく作っていただきましょう!
おお、巨大なソフトクリーム製造機ですね!伺えば「TAYLOR」(テイラー)という機会メーカーだそうで、これが3年前に導入した時は、最新型だったそう。
長い撹拌ドラムが入っているので、1000個作れるとか。凄いなぁ!
a-minaho0909


さて、完成です♪
見ただけで、濃厚な感じが伝わってきますね! なにせトラピストバターも合わさっているわけです。牛乳は函館近郊。
a-minaho0910


スプーンのかわりにトラピストクッキーというのもいいですね!
いただけば、おお、確かに濃厚ですが、まさに後味がすっきり。
トラピストクッキーのサクっとした食感や、発酵バターも加わっているための濃厚なおいしさも、ソフトクリームの美味しさをさらにUPさせています。
この組み合わせは、最強タッグ♪
a-minaho0911


いやぁ、これはハマりますね。わざわざクルマを走らせて訪れた甲斐がありました。
ソフトクリームはコーンの他に、カップもあります。
a-minaho0912


ふと見ると、店内には聖母の像が。
修道院ならではの雰囲気で、グルメ旅の楽しさがさらにUPしたのでした♪
a-minaho0913



おいしかった!! ごちそうさまでした!!


トラピスト修道院 売店
北海道北斗市三ツ石392
0138−75−2108
9:00〜17:00
ソフトクリームは4月上旬〜11月上旬まで 
無休
ソフトクリーム 350円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【みなみ北海道編】目次に戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52007996.html