つけ麺で行列。活き活き自家製麺も美味!


おはようございます。仙台グルメ旅3日め、いよいよ最終日です。

今から約2年半前の2012年3月。驚愕の新店が誕生しました。それが『つけ麺屋 しずく』です。当時まだ、つけ麺という文化があまりなかった仙台に登場し、瞬く間に行列店となっていった1軒。
地元のラーメン好きの方たちにも大評判で、今も行列が続いています。
a-senda0701
a-senda0702


ご主人の駒井信一さんが、曽我美紀人さんと共に立ち上げたつけ麺店。2人は有名ラーメン店『本竈』(ほんかまど)でも一緒に働いていた事もあり、息の合ったコンビとして店を切り盛りなさっています。
a-senda0703


看板メニューは「新濃厚魚介」と名付けられたつけ麺。そして「濃厚味噌」も2枚看板的なメニュー。さらに「担々つけ」「辛旨系」などもあり、バリエーション豊富です。
a-senda0704


まずは「新濃厚魚介」をいただきました。
特に麺がいいですね。「つけ麺は麺が命」というだけあり、店内の「夢製麺室」と名付けられた製麺室で作っている自家製です。北海道産小麦粉を使用した太麺で、最高のモチモチ感とコシ、香りが楽しめます。よく、つけ麺やさんに行くと、太くて硬いタイプのがあったりしますが、それよりも、もっと活き活きした感じ。新鮮さやモチモチ感が卓越しています!
a-senda0705


つけ汁ももちろん美味。とてもまろやかな動物系スープに、煮干しやサバ節、昆布などの魚介系が加わっています。とろみがありつつも爽やかなのは、丁寧さとじっくり時間をかけて作るからでしょう。
a-senda0706

a-senda0707



つぎに「濃厚味噌」を。こちらも麺は言うにおよばず。味噌は仙台味噌など3種類を用いていて、これまたマイルドな仕上がりに。全てがバランス良く合わさっています。
今回は両方とも味玉入りにしたのですが、こちらも秀逸。蔵王地養卵使用で、旨みと甘みがぎゅっと卵黄に溶け込んでいます。
a-senda0708

a-senda0709
a-senda0710


さらにメニューには無いですが、けっこう人気なのが「汁なし担々」。唐辛子の辛さと、花椒の痺れ感が、沸き立っています。よく混ぜ合わせてから味わうのがポイント。麺は温かいのと冷たいのと両方ありますが、温かいほうが、麺とタレがよく絡まり、特に美味しいです。a-senda0711

a-senda0712
a-senda0713


『しずく』は接客も素晴らしく、とても真面目で、常に進歩をしようと研究熱心。
そんなオーラが店内や味にも反映しているのでしょう。

a-senda0714



おいしかった!! ごちそうさまでした!!


つけ麺屋 しずく
宮城県仙台市青葉区錦町1−2−8
022−211−8723
11:00〜15:00 17:30〜21:00
土曜日11:00〜21:00
スープなくなり次第終了
定休日:日曜日
魚介味玉つけ麺 870円
味噌味玉つけ麺 950円
汁なし担々 800円

JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】目次に戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52009740.html