隠れ家的な雰囲気で中国料理&ワインを


ワインレストランの『ブラン』やイタリアンの『円山バル・クロ』などを手掛ける「ガルス」。
『yinzu』も、その1軒。中国料理&ワインがコンセプトというだけあり、店内に入れば、ガラス越しに大きなワインセラーが見られます。ちなみに白、赤、別々のワインセラー。
a-sapporo0501
a-sapporo0502
a-sapporo0503


シェフは盒桐軌譴気鵝E豕の有名店(『文琳』『古月』など)で約10年間活躍していた実力派です。そんな彼の作る料理は化学調味料に頼らず、シンプルながら素材の良さを活かした一品。
a-sapporo0506


ワインは、約300種類もあるそう。本数でいえば、約1000本だとか。
3000円〜50000円くらいまでがありますが、よく出るのは4000〜5000円のもの。
a-sapporo0507


もちろんテーブル席も良いですが、カウンターでワインを楽しむなんてひと時も、また一興です。カウンターもテーブル席もシックで落ち着きのある空間。禁煙、喫煙と分煙になっているのも嬉しい限り。
a-sapporo0504
a-sapporo0505


さて、料理を。

まずは「ミルクのフリット」。
『yinzu』名物とも呼ばれる一品は、北海道産ミルクをコーンスターチなどで固めて、冷やしてから、フリッターの衣で巻いて、サラダ油で揚げたもの。
サクっとした食感、そして、中の濃厚なミルクのうまみが、絶品!
はちみつ、もしくは山椒塩で、いただきます。
a-sapporo0508
a-sapporo0509


次に「上海蟹と黄芯白菜の煮込み」
上海蟹の身を炒めて香ばしさを出してから、黄芯白菜と一緒に煮込んだもの。塩味で、さわやかな味わいながら、上海蟹のコクが加わっています。
a-sapporo0510
a-sapporo0511


そして「白糠産エゾ鹿の四川煮込み」
紹興酒と日本酒を用いて煮込んでいます。四川というだけあって、結構、辛いです。そして四川山椒も効いた一品。ワインとの相性もぴったり。
a-sapporo0512

a-sapporo0513


隠れ家的な雰囲気も、美味しさに拍車をかけています。
特に予約必須というわけではないですが、場所が南7条西4丁目と、すすきの辺りからや、駅からはちょっと離れているのと、結構、満席のことも多いゆえ、電話予約をおすすめします!


おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!


yinzu
北海道札幌市中央区南7条西4丁目 札幌74Lビル1F
011-807-5000
17:30〜翌1:00(24:30L.O)
金土17:30〜翌2:00(25:30L.O)
定休日:日曜日(月曜が祝日の場合は日曜営業、月曜休み)
ミルクのフリット(6ケ) 600円
上海蟹と黄芯白菜の煮込み 2300円
白糠産エゾ鹿の四川煮込み 1800円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【札幌編】目次に戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52012499.html