製麺所直営ならではの、高レベル宮古そば


沖縄に来たら、「そば」(いわゆる沖縄そば)は欠かせませんね。でも、地域によって、そばは特徴が違います。宮古島には「宮古そば」が存在します。
そう聞いて訪れたのが、平良公設市場近くの『じんく屋』。地元の有名な久松製麺所の直営で、こちらでお店を開いてからすでに30年以上という大御所の食堂です。
a-miyako0201


店内は典型的な沖縄の食堂といった雰囲気。
テーブル席でも小上がりでも、和みますね〜。いろんな有名人のサイン色紙も飾られています。
a-miyako0202
a-miyako0203


メニューもオーソドックスなものが、ずらり。
さすが沖縄。やはりカレーライスより、みそ汁のほうが高い♪
a-miyako0204


そばも食べたいし、ご飯ものも食べたい……そう思って、じっと壁のメニューを眺めていて、とてもお得と思われるものを発見してしまいました。
「そば・チャーハンセット」a-miyako0205


これは、お得ですね! まずは、宮古そば。
沖縄そばは麺がちぢれていますが、宮古そばは平麺のストレートタイプ。
汁も沖縄そばに比べてあっさりとしています。
昔の宮古そばは、具を麺の下に隠したそうですが、今は、堂々と上に載るのが通常ですね。
a-miyako0206
a-miyako0207


豚の三枚肉。やや甘めに煮込んだ味わいは、定番のおいしさ。a-miyako0208


かまぼこ。宮古かまぼこと呼ばれるもので、平揚げのタイプ。a-miyako0209


ストレートで、平打ち麺のため、ちぢれ麺よりも跳ねが少なく、するりと食べやすいのも特徴のひとつ。自家製麺ならではの活き活きとした仕上がり。伺えば朝4時ごろから作り始めるそう。茹でて油をまぶしてあるので、オーダーが入ったら、湯通しするだけで良いのも沖縄そばの面白さです。
a-miyako0210


チャーハンもおいしいですね。キャベツやニンジン、玉ねぎなど具だくさん。そして意外にもボリュームたっぷり!
a-miyako0211


そして「焼きそば」も作って頂きました。今回は特別というか裏メニューの「ケチャップ味の焼きそば」。沖縄は戦後から1970年代までアメリカの統治下にあったため、焼きそばもケチャップ味が以前はメジャーだったと聞きました。とはいえ、メニューに堂々と表記されている店舗は滅多にありません。僕が知っているのは那覇の国際通りの居酒屋さんくらい。でも、言うと、案外作ってくれるところも。
『じんく屋』でもOKして頂けました。単なるケチャップ味ではなくて、普通の焼きそばの味わいもありながらも、ケチャップが上手にコーティングしている感じ。
こちらも野菜たっぷり。実は、宮古島は、けっこう野菜が採れるのだとか。
採れたて野菜は美味しさも格別なので、料理の完成度も高くなりますね!
a-miyako0212
a-miyako0213
a-miyako0214



おいしかった!! ごちそうさまでした!!


じんく屋
沖縄県宮古島市平良字下里84
0980-73-4017
11:30〜18:00
定休日:火曜日
そば・チャーハンセット 550円
ケッチャップ味の焼きそば 500円(裏メニュー)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮古島編】目次に戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52021913.html