閉店しました


最後の料理は、南京町でお粥&上海炒麺♪


神戸2泊3日グルメ旅もいよいよラストとなってしまいました。
そして向かった先は、南京町。
いわゆる中華街的なところで、中国料理店が連なっている地。
相変わらず、街は盛り上がっています。
a-koube0005
a-koube0006


そんな南京町の東側、長安門を入ってすぐのところにあるのが『楽園酒家』。
中国人の張寅喜さんをはじめとした家族経営のアットホームさも魅力。広東料理がベースになっています。
a-koube0901
a-koube0902


一番人気は、お粥。
魚生粥、蝦粥、牛肉粥、皮蛋粥、あわび粥などバリエーションがありますが、今回頂いたのは魚生粥。
a-koube0903


いわゆる、魚のお粥で、アツアツな中に魚のお造り(お刺身)が入り、次第に火が通っていきます。
a-koube0904


香菜や、ポッツォイと呼ばれるワンタンの皮の揚げたものと一緒に味わいます。うわぁ、美味しいですね。貝柱を用いて毎朝、仕込みをなさっています。さっぱりとした塩味のテイストもGOOD。
a-koube0905


続いて、上海炒麺。オイスターソースがほんのり香る一品。
全体的に柔らかくて、食べやすいのも魅力ですね。
a-koube0906
a-koube0907
a-koube0908



おいしかった!! ごちそうさまでした!!


閉店しました

楽園酒家
兵庫県神戸市中央区元町通1-1-4
078-332-3838
11:30〜⒕:30
17:00〜20:00(L.O)
定休日:水曜日
魚生粥(さかなのお粥)830円
上海炒麺 980円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【神戸編】目次に戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52025254.html