半円形のカウンターや特選ステーキに目を瞠る


最近はグルメブームといわれて久しいですが、特に話題なのが肉料理。特にステーキは圧倒的な人気を誇ります。
岡山市北区磨屋町の『すてーき西岡』
a-oka0801


半円型のカウンターに目を瞠ります。
ウエイティングルームも円形になっていたりと、随所に“円”が見られる1軒。
a-oka0802


オーナーシェフの西岡廣さんは、アメリカはフロリダの老舗『BENIHANA』やドイツ、大阪のヒルトンホテルや神戸などを経て、岡山で自分のお店を持ったそう。
「円を活かした造りだと、自分が動きやすいんですよ」と笑います。
a-oka0803


正統派のステーキ料理店といった感じ。
メニューを拝見したらコース仕立てで「織部9180円」と「特選肉織部10800円」。
そして海鮮も入った「山水12420円」「特選山水14040円」。さらにフォアグラステーキもついた「西岡15660円」もあります。
で、拝見させて頂いたら、わぁ、凄いです! 熊本のサーロイン和王と、千屋牛。
a-oka0805


先付や前菜5種、スープ、サラダなど。彩りの美しさも特筆モノ。
a-oka0804


今回は岡山の誇る、千屋牛の“いちぼ”と“フィレ”を焼いて頂きました。今日のはA5の11番。
目の前で調理が見れる&お話を伺えるのが、ステーキハウスの醍醐味です。
鉄板の厚さは20个醗貳姪ですが、ガスではなくてIH。熱伝導が良いみたい。
ちなみに、赤身肉、熟成肉もあり、充実したラインナップです。
a-oka0806
a-oka0807

a-oka0808
a-oka0809


a-oka0810


ステーキを美味しく焼くために、裏側に反したり、側面を焼いたり。
その間、ステーキにまつわる様々な話も。やはり、海外にも鉄板焼きが広がったのは、ロッキー青木さんの功績が偉大だそうです。ロッキー青木さんとは冒険家、実業家で、『BENIHANA』の創業者。
a-oka0811
a-oka0812
a-oka0813


そして完成。おお、美しき仕上がり!
a-oka0814


4種類の薬味で味わいます。
南米ウユニ湖の湖塩&宮古島の雪塩、
無農薬タスマニアマスタードと西洋わさび、フィルファームマスタード
広島県廿日市の吉和わさび
カンボジアはアンコールペパー、生胡椒の塩漬け
a-oka0815


食材の良さと丁寧かつ的確な調理が生んだ、奇跡のステーキ!
香ばしさとジューシーさ、柔らかさが共存しています。
a-oka0816


海鮮もあります。別料金ですが「鮑」
こちらは、今日のは愛媛県産。
a-oka0817


鮑の下には、じゃがいものガレット。
大葉ソース、ブールブラン、うにのソース、チュジャン(韓国風)など。
a-oka0818



おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!


すてーき西岡
岡山県岡山市北区磨屋町8-28-1
086-235-4129
17:30〜22:30(L.O)
定休日:月曜日
特選織部 10800円



JAL×はんつ遠藤コラボ企画【目次】へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52036958.html