日本三大地鶏のひとつ“比内地鶏”を親子丼でいただく


全国津々浦々に地鶏、ブランド鶏がありますが、中でも三大地鶏と呼ばれているのが、秋田の比内地鶏、愛知の名古屋コーチン、鹿児島のさつま地鶏。
せっかく秋田を訪れたのですから、2泊3日グルメの旅は“比内地鶏”からスタートです。

かつて秋田市中通1丁目にあった秋田赤十字病院の跡地を再開発し、誕生した「エリアなかいち」。秋田市にぎわい交流館AU、および秋田県立美術館、商業施設、駐車場棟、住居棟、広場などで構成されています。
a-aki0101


その商業施設の1階にあるのが、秋田県比内地鶏生産責任者の店「本家あべや 秋田店」。
a-aki0102


比内地鶏は天然記念物である雄の比内鶏と、雌のロードアイランドを一代交配して誕生した地鶏です。そんな話が店頭に大きく掲げられております。
a-aki0103


店内も天井が高くて、ゆったり。
a-aki0104


お、これは日本酒の銘柄ですね。秋田の若手蔵元によるコラボ 日本酒“NEXT FIVE”の文字も見てとれます。
a-aki0105


確かにドリンクメニューを拝見したら秋田の地酒が、ずらり。利き酒セットが気になります♪その他、全国の銘酒や、日本酒に合う一品料理も。
a-aki0107


もちろん串(やきとり)もありますが、今回のお目当ては比内地鶏を使った親子丼!
a-aki0106


大きな器に入って登場です。
秋田美人豆腐、比内地鶏スープ、がっこ付き。
a-aki0108
a-aki0115
a-aki0113
a-aki0114


蓋を開ければ、湯気とともに、ふわりとただよう香ばしさ。
a-aki0109


彩りからして美しいです。比内地鶏の活き活きとした感じ、そして玉子の甘さが、見ただけで伝わってきます。
a-aki0110


さすが、比内地鶏! 弾力のある味わいは特筆ものです。
伺えば丸鶏を店内で自ら捌いて、そしてすぐに提供しているのだとか。
だから、特に美味しいんですね!
a-aki0111


ちなみに「本家あべや」は、東京の神楽坂などにも店舗があります。
実は、比内地鶏はその稀少性から県外へと売られていってしまうことが多く、なかなか秋田県内でも味わえないのだとか。なので「本家あべや 秋田店」が出来て、地元の方も喜んでいるのでした!
a-aki0112



おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!


本家あべや 秋田店
秋田県秋田市中通1-4-3 エリアなかいち商業施設内1F
018-825-1180
11:00〜15:00(14:30L.O) 17:00〜23:00(22:00L.O)
土日祝11:00〜17:00(16:30L.O) 17:00〜23:00(22:00L.O)
無休
比内地鶏親子丼 普通盛り 980円(税別)

JAL×はんつ遠藤コラボ企画【秋田編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52043092.html