帯広っ子のソウルフード「高橋まんじゅう屋」の大判焼


「十勝ヒルズ」をあとにして、2軒めは、JR帯広駅よりほど近い「高橋まんじゅう屋」へと向かいました。こちらは、電信通り商店街の一画。帯広の方には「たかまん」という愛称で親しまれています。
1軒家であるお店の隣には広い駐車場があるのですが、僕も帯広に来ると伺いますが、満車の時も多いほど大盛況。でも、おまんじゅうをテイクアウトするだけの方が殆どなので、入退場も頻繁で、安心です。
a-obi0201


天井の高い店内はテイクアウトの他、テーブル席もあり、イートインもOK。
a-obi0202
a-obi0203


吊り下げられたメニューが素敵です。しかも大判焼、むしパン、肉まん、ソフトクリーム、かき氷のみ。この大判焼が、こちらでは、いわゆる“まんじゅう”。
a-obi0204


さすが人気店。大判焼を焼く機械が、ずらりと並びます。
「ひとつ焼き上げるのに30分くらいかかるんです」と、3代めであるご主人の高橋道明さんが苦笑い。それでも一度に128個焼けるので、1時間に200個くらい作れるそう。
「毎日、1000〜2000個くらいですかね〜」
大変な数です!
a-obi0205
a-obi0206


創業は昭和29年。もともとは祖父の幸造さんと祖母のヒサノさんが清水町で始めて、帯広に出てきたのだとか。
当初は喫茶店とアイスキャンデーを提供する「高橋冷菓店」だったそうで、40年前にまんじゅうや肉まん、むしパンを出すように。
「以前はまんじゅうやさんはたくさんあったんですよ。でも今は、うちぐらいですね〜」と盒兇気鵝

テイクアウトの場合は、こんな素敵な包装紙で包んでいただけます。
a-obi0207


今回は店内でイートイン。
当時からある「大判焼(あん)」をいただきました!
何度もいただいておりますが、バランスが良いというか、まさに“何個も食べられちゃう”味わい。生地自体が美味しさたっぷりなので、伺えば、全卵も使用しているそう。もちろん“あん”も秀逸。十勝産の小豆を使用した、もちろん自家製のあんは、優しい甘さが活きています。
a-obi0208


こちらは「大判焼(チーズ)」
25年くらい前に誕生したメニュー。ほんのり塩味のチーズが、とろりとした味わいで、濃厚さもあって、生地とぴったり合いますね〜。a-obi0209


他にもむしパンや肉まんも大評判。
a-obi0211


一年中、かき氷もあります。
a-obi0210


ずっと変わらぬ美味しさ。「高橋まんじゅう屋」は、帯広市民のソウルフードなのでした♪

おいしかった!! ごちそうさまでした!!


高橋まんじゅう屋
北海道帯広市東一条南5-19-4
0155-23-1421
9:00〜20:00
定休日:水曜日
大判焼(あん)120円
大判焼(チーズ)120円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【帯広編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52044938.html