昭和41年誕生「元祖レタス巻」に、有名作曲家の影あり!


宮崎グルメ2泊3日の旅も、いよいよ最後の1軒となりました。
向かった先は、また宮崎駅のほうへ戻ってきて、お寿司屋さんの『一平』。
a-miya0901


JALの宮崎空港発羽田空港行きの最終便は、19時なんですね。
こちら『一平』はランチもなさっておりますが、夜は17時から。
サっと味わって、クルマで向かえば、間に合います!

“The 寿司店”の如く、店内に入ればカウンター、そして板前さんが寿司を握っておりました。テーブル席やお座敷などもあり、様々なシチュエーションで利用できますね。全部で約80席。特に、お座敷は35名まで可能だとか。
a-miya0902


全然知らなかったのですが、各地で見られる“レタス巻”は、こちら『一平』が元祖だそう。Webサイトによると・・・
---
「レタス巻き」誕生のきっかけは昭和41年にまで遡ります。
初代店主・村岡正二と親交の深い作曲家・平尾昌晃氏との会話から偶然に生まれました。
「おいしく野菜が食べられて、ヘルシーなお寿司を作ろう」
そこから2人で試行錯誤し、すし飯にレタスとえび、そしてマヨネーズソースを加えた現在のレタス巻きが誕生。
---
だそう。
なんと、平尾昌晃さんが関わっていたとは……。
a-miya0903


当時は寿司にマヨネーズと抵抗を見せる方もいらしたそうですが、それから約50年。今では大評判。今ではすっかり「宮崎の郷土の味」として親しまれています。
a-miya0904


ゆがいた天然えびの食感、レタスのシャキシャキ感、そして手作りマヨネーズのコクが一体化!
a-miya0905
a-miya0909


他にも「名物かに汁」も大評判。
a-miya0906


蓋を開ければ、湯気とともにかに風味が漂います。もちろん熱々。
わたりがにを使用。みそは、米みそを用いています。
これで550円(税別)は超お値打ちです!
a-miya0907


「元祖レタス巻」と「名物かに汁」
この組み合わせは、最強ですね♪
a-miya0907


時間が心配な方は、「元祖レタス巻」はお持ち帰りもできるので、飛行機の中などで味わうのも良いでしょう。
a-miya0910
a-miya0911


ちなみに、宮崎県は今、チョウザメを新たなご当地グルメとして売出し中。
チョウザメ握りや、カルパッチョなどもオススメです♪
a-miya0912



おいしかった!! ごちそうさまでした!!


一平 (いっぺい)
宮崎県宮崎市松山1-8-8
0985-25-2215
11:00〜15:00(14:45L.O)
17:00〜22:00(21:30L.O)
定休日:火曜日
元祖レタス巻 1000円(税別)
名物カニ汁 550円(税別)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮崎編2】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52052004.html