いろんな種類の生どらやきが楽しめる


山形市役所にも近い、旅篭町。こちらに、どらやきが大評判の和菓子屋さんがあると聞き、訪れました。それが『榮玉堂』(えいぎょうくどう)。江戸時代末期の創業という話でしたので、さぞや重厚な雰囲気の木造建築物なんだろうと想像して伺ったら、けっこう洒落た雰囲気で、驚きました。
a-yamagata0201
a-yamagata0202


「父が亡くなってからは一時期、お菓子を休んで、母が甘味処をやっていたんです」と、ご主人の小林一三さん。もともとの建物は現在、駐車場になっている場所にあったそうで、小林さん自身も金融機関に勤めていたとか。その後、川西町の『錦屋』で修業の後、実家に戻ってきました。
「風味の良いどらやきを味わってもらいたい」と、今から15年前にどらやきを作りはじめて、手狭になって11年前にこちらに建て替えたというわけ。
a-yamagata0214


そんな思い入れ満載のどらやきは、なんと9種類もあります。
(この時期はラ・フランス味も加わるので10種類だそう)
a-yamagata0203


店内はイートインも可能な喫茶スペースがあります。
a-yamagata0205


お菓子とドリンクのセットで480円(税別)って、お得じゃないですか!
せっかくなので、どらやきとドリンクのセットをいただくことに。
a-yamagata0206


種類が豊富なので目移りしてしまいますが、まずは「宇治金どら」。
抹茶生クリーム入りのどらやきだそうで、抹茶の風味と宇治金時の優しい甘さが素敵です。
コーヒーにも合いますね!
a-yamagata0207
a-yamagata0208
a-yamagata0209


続いて「すいーとぽてとどら」
9月〜4月の限定どらやき。生クリームとスイートポテトの絶妙のハーモニー。どらやきは全てに保存料などを使用していないので、冷蔵庫に入れても、新鮮なうち(翌日まで)に味わってほしいそう。
a-yamagata0210
a-yamagata0211


そして「カマンベールどら」
なんと、カマンベールチーズと生クリームが融合したどらやき。チーズのコクが全体をバランス良く引き締めています。
a-yamagata0212
a-yamagata0213


全てにおいて言えるのは、和菓子というよりも、ケーキのような感じの生どらやき。
卵黄と卵白を別々に立てて合わせているそう。手間がかかりますし、合わせ方が難しいそうですが、だからこそ、この美味しさになるわけですね!

伺えば、朝5時から作り始めるのだとか。それでも人気なので、夕方には無くなってしまいます。もし確実にGETしたければ、電話で取り置きをお願いするのがBESTです。


おいしかった!! ごちそうさまでした!!


榮玉堂(えいぎょくどう)
山形県山形市旅篭町2-1-45
023-622-2134
菓子部 9:00〜18:00
喫茶部 10:00〜18:00(17:30L.O)
定休日:月曜日
宇治金どら 150円(税込162円)
すいーとぽてとどら(9〜4月) 170円(税込183円)
カマンベールどら 160円(税込172円)
ドリンクセット 480円(税込518円)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【山形編2】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52054993.html