山形のお土産ならここ!「山形観光物産会館」


いかがでしたでしょうか?山形グルメ2泊3日の旅。
さすが食材の王国とまで言われる山形なので、料理のレベルもピカ一!海産物などの海の幸、野菜や肉、果物などの山の幸、すべてが幅広く、美味しさ炸裂です♪

さて、今回も番外編です。
山形駅から南へ約7km、クルマで約10数分。山形上山IC近くにある『山形観光物産会館』。普通車だけでも500台と広大な駐車場、そして、地酒やワイン、こけしなどの民芸品、銘菓や漬物など、山形県 各地の名産品がずらりと揃うお土産スポットからお届けします!
a-yamagata1001
a-yamagata1002


「山形発 ベジタブルチップス」
山形市内にある株式会社モミの木が製造している油菓子です。カボチャ、さつまいも、人参などの野菜が植物油で揚げられていて、ポテトチップ感覚で気軽に野菜が採れます。
別バージョンで「フルーツチップス」もあります。
a-yamagata1003
a-yamagata1004
a-yamagata1005
a-yamagata1006
a-yamagata1007
a-yamagata1008


「でん六豆 さくらんぼ味」
なぜ「でん六豆?」と思われるかもしれませんが、株式会社でん六は、山形市の企業なのです。この商品は山形限定。高級さくらんぼの山形産佐藤錦の果汁を使用。意外にも、さくらんぼの酸味がしっかり!
a-yamagata1009
a-yamagata1010

a-yamagata1011
a-yamagata1012
a-yamagata1013


あとは、入口の右側に数軒の店舗があります。そのうちの1軒が『丹野こんにゃく』。本店は江戸時代に樽下宿として栄えた、上山市樽下にあります。江戸時代からこんにゃくが名物だった地なんだとか。
そんな山形のこんにゃくですが、一番有名なのは「玉こんにゃく」ですね。
秘伝の醤油だれが染みて、美味!
a-yamagata1014
a-yamagata1015


でも、超凄い商品を見つけてしまったのです。それが「黒豆風こんにゃく」
一般的に食べる黒豆と見間違えるほど、精巧に造られたこんにゃく。畑の肉といわれる大豆とヘルシーなこんにゃくとの組み合わせが絶妙で、まさに逸品です。上品な甘めな味付けも相まって、両方入っているんですけれど、本当に食べても黒豆なんだかこんにゃくなんだか?といった感じで、違和感が無いのが不思議というか、一度でハマってしまった!
a-yamagata1016
a-yamagata1017
a-yamagata1018



ちなみに2015年12月現在、『山形観光物産会館』は左側半分が改装のため閉鎖中で、年明けにはお土産売り場を左側に移して、こちらを改装。春には全館リニューアルオープンの予定だそう。それもまた楽しみです♪

山形観光物産会館
山形県山形市表蔵王68
023-688-5500
9:00〜17:30
10月〜翌4月 9:00〜17:15
無休(元旦、4月の3日間を除く)
ベジタブルチップス 500円
でん六豆 さくらんぼ味 650円
黒豆風こんにゃく 432円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【山形編2】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52054993.html