創業以来60余年。カレー、シュークリーム、レモンステーキなど大評判


『蜂の家』は昭和26年(1951年)の創業。兄の平倉太刀雄氏と弟の田渕春雄氏により立ち上げたコーヒー屋さん。以前は本島町にありましたが、2013年10月2日に栄町のサンクル2番舘へと移転しました。
a-sase0101
a-sase0102


創業当時からある名物の「ビーフカレー」
日本人の口に合うよう研究したとろみのあるカレーは、古さをまったく感じさせない“イマドキ”な雰囲気。
a-sase0103


サフランライスの優しいイエローな見た目もいいですね。
a-sase0104


欧風カレーです。玉ネギを加えてじっくりと煮込んだ手間のかかった一品。
a-sase0105
a-sase0106


サフランライスとカレーの相性もぴったり。最初は玉ネギの甘みやトマトの酸味などを感じますが、次第に辛さが伝わってきます。中辛ですね!
a-sase0107


「レモンステーキ」
佐世保名物として知られるご当地グルメ。
『時代屋』の東島洋氏が、やはり日本人に合うようにとステーキをすき焼き風に薄切りにし、特製の醤油ベースのソースをかけたのが元祖です。
a-sase0108


『蜂の家』はJA全農ながさき畜産部が認定した「長崎和牛指定店」です。長崎和牛のもも肉を使った「蜂の家のレモンステーキ」は大評判。
a-sase0109


熱々の鉄板の上に長崎和牛、そしてソースをかければ、ジュワーっと音を立てて、湯気が立ちこめます。
a-sase0110


レモンの酸味と醤油テイストのソースが、香ばしきステーキに合います。
a-sase0111


熱々のまま、頂きます!
a-sase0112


「ジャンボシュークリーム」
人気No.1。不動の人気を誇ります。
a-sase0113


フランス料理に精通していた田渕春雄氏が、創業から約2年後に考案。まだまだ甘いものの少ない時代に、バナナや焼きリンゴを入れたシュークリームは当時、とても珍しく、たちまち話題になったそう。
a-sase0114
a-sase0115


スカッチソースという、練乳と砂糖を焦がしたソースもポイントです。
a-sase0116


ちなみに、長崎ならではというか、軍艦島のような「軍艦シュークリーム」もあります。その大きさに驚きます。
a-sase0117



おいしかった!! ごちそうさまでした!!


蜂の家 (はちのや)
長崎県佐世保市栄町5-9 サンクル2番館1F
0956-24-4522
11:30〜22:00(21:30L.O)
無休
ビーフカレー 800円
長崎和牛もも肉レモンステーキセット 1800円
ジャンボシュークリーム 400円



JAL×はんつ遠藤コラボ企画【佐世保編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52056747.html