最後は全員で踊って一体化。唄者、西和美さんの『かずみ』


旅先の醍醐味といえば、美しい風景や観光、美味しい料理などが挙げられますが、それにも増して楽しいのが地元の方々とのふれあい。今宵は、そんな素敵な出会いがありました。

奄美市名瀬末広町にある『かずみ』。
a-amami0301


女将の西和美さんは、地元、奄美大島の出身。大阪のユニチカの給食センターなどで働いていたこともあるとか。戻ってきてからは手打ちうどんやさんをなさっていましたが、「やっぱり奄美なのでうどんじゃなくて、郷土料理だよね♪」と、今のスタイルになって30数年。
a-amami0302


奄美の三線が飾ってありました。
いえ、飾りでは無く、実際に演奏できます。詳細は後ほど。
a-amami0303


それにしても、驚きの連続な1軒でした。
店内にいたら、日本語ペラペラのイタリア人の方が入店なさいました。
なんと、料理研究家のベリッシモ・フランチェスコさん。
a-amami0304


西和美さんは奄美の島唄を全国で歌っている有名な方なのです。
CDも発売中。
a-amami0305


さて、焼酎を頂きましょう。
ボトルは2500円から。「じょうご」「れんと」「里の曙」などが特に人気です。
a-amami0314


料理のシステムは、基本的にコースのみ3000円。いつも混んでいるので、要予約です。

さて、料理ですが・・・
「油ぞうめん」
そうめんの豚肉野菜炒め。奄美の郷土料理です。爽やかな味付けで、豚肉の塩味が良いアクセントになっています。
a-amami0306
a-amami0307


「貝の盛り合わせ」
島サザエや、トビンニャ(まがき貝)など。カラフルなサザエに南国を感じます。
a-amami0308


「赤ウルメのからあげ」
赤ウルメは、たかさごという魚の事だそう。けっこうしっかりとした骨がありますが、身は柔らかくてふっくらとして美味。
a-amami0309


「豚足などの煮物」
こちらも郷土料理です。『かずみ』さんの味付けは優しく、ほんのり甘めな仕上がり。
a-amami0310


「ゴーヤのピーナッツみそ和え」
ゴーヤのほろ苦さに、やはり南国を感じますね。ピーナッツみそも奄美名物。
a-amami0311


「車海老のから揚げ」
よく、川海老のから揚げはありますが、車海老はダイナミックですね!
a-amami0312


「お刺身」
新鮮なお刺身まで出てきて、もう満腹、大満足です。またまた驚くほどの量で、食べ切れません!
a-amami0313


でも、さらなる驚きは、これからでした。
おもむろに常連のお客さんが立ちあがると、先ほどの三線を手に、島唄を弾き始めました。
a-amami0315


すると、旋律に合わせて和美さんが歌いだし……。
a-amami0316


楽しく聞いていた僕らお客さんも、太鼓を持たされ、叩き方を教わって、にわか演奏者として仲間入り。
a-amami0317


時が経つごとにさらに盛り上がり、最後は全員、立ち上がって、島唄に合わせて踊り出す。こうして超驚きの1時間。最後はみんなが一体化しました。凄い、これぞ、奄美の醍醐味。
もう、感動するほど思い出に残るひとときでした。ありがとう『かずみ』さん。
a-amami0318
a-amami0319



おいしかったし、楽しかった!! ごちそうさまでした!!


郷土料理 かずみ
鹿児島県奄美市名瀬末広町15-16
0997-52-5414(要予約)             
17:00〜23:00
不定休
黒糖焼酎 ボトル2500円〜
料理はコースで3000円



JAL×はんつ遠藤コラボ企画【奄美大島編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52058791.html