カツオ組合直営店舗で、超お得な新鮮カツオ丼!!


おはようございます。奄美大島グルメ2泊3日の旅も3日め、最終日です。
今朝は、ちょっとクルマを走らせて、奄美市名瀬大熊にある『宝勢丸鰹漁業生産組合』へ。前身である「宝勢丸組合」は大正11年(1922年)の創業ですので、90余年の歴史を誇ります。
a-amami0701


こちらはカツオ漁が出来た時のみ、販売および飲食店舗を営業するというスタイル。
目印は、この、鯉のぼりならぬ、カツオのぼり。泳いでいる時は営業です。今日は大丈夫みたい。やった〜!
a-amami0702


店舗内では、新鮮なカツオやシビ(キハダマグロ)がパック詰めされて販売されておりました。
a-amami0703
a-amami0704


組合の徳田謙治さんが、説明して下さいました。
カツオ漁は夜中に出て、お昼すぎに戻ります。船には6〜7人が乗り込むに、いわゆる一本釣りです。だいたい、一回の漁で1トン。入港した船からカツオが水揚げされ、刺身用、削り節用、肥料用に選別。近海で採るので、冷凍しないために特に美味しいのです。
ちなみに、採れたてが美味しいのではなく、たとえば船上で捌いて食べたら、コリコリしていてあまり美味しくなく、一日寝かせたほうが旨みが出て、しっとりして良いそう。
a-amami0705


「捌くのを見ますか?」と仰って下さり、特別に解体ショー!店舗左側の作業室にて。
a-amami0706
a-amami0707


3枚におろしたり、腹血をとったり、血合いをとったり。まさに、あっという間の出来事。この速さが重要なのです。もたもたしていたら、鮮度が落ちてしまいます。さすがです。
a-amami0708
a-amami0709


ブロックになったら、今度は店舗の奥で、お刺身用に切り分けていきます。これまた手慣れた感じで、速い!最終的に4回の選別で、身にいたみがないかを見極めながら進めるそう。
a-amami0710

a-amami0711


組合ではカツオ節も作っています。
厳選されたカツオ、シビは下処理の後に冷蔵庫で熟成されます。そして、燻されるというわけ。薪は、亜熱帯照葉樹林を構成する樹木を利用。
a-amami0712
a-amami0713
a-amami0714


そんな有難いレクチャーを受けた後は、実際にカツオを頂きましょう!
隣の建物がレストランの『鰹の家 housei』。
a-amami0715


1階では「魚ロッケ」「かきあげ」などの販売もありました。
a-amami0716


眺めの良い2階は明るい雰囲気で、海も見えてGOODです。
a-amami0718


おお、竿が飾られておりました!これで一本釣りをなさるわけですね。
そんな漁の様子を撮った写真も飾られておりました。臨場感にあふれています。
a-amami0724
a-amami0725


「housei丼」「鉄火丼」「はらがわ丼」など、様々なラインナップあり。
a-amami0717


「housei丼」を頂きました。
宝勢丸が釣ってきたカツオやシビに加えて、山芋やオクラ、海藻も載っています。
このボリュームで580円は、超お得です!ちなみにごはんは、カツオ節を合わせた酢飯タイプ。
a-amami0719


分厚くて噛み応えがあって、甘みがあって、もう、言う事なしです!!
営業していて良かった。
a-amami0720
a-amami0721


続いて、「houseiバーガー」。
カツオとシビをすり身にしてフライにした、フィッシュバーガー。
肉々しいフィッシュフライが、美味!しかもタルタルソースが上手にサポートして、まろやかさも加わっています(マスタードタイプもあります)。
a-amami0722
a-amami0723


そして、「魚ロッケ」
しっかりとした魚の風味が潔いというか、思わずハマる味わい。
新鮮なカツオやシビの良さが活きています。
a-amami0726


いやぁ、朝から楽しいひと時を過ごさせて頂きました。もうすぐ創業100年。「0を挟まない1×2×3の6次産業へ、多様で持続可能な社会のため、自然体で美しい奄美のため、漁業者の出来ること、海から山までなんでもやります」と心強いお言葉。


おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!


鰹の家 housei (かつおのいえ ほうせい)
鹿児島県 奄美市名瀬大熊577-4
0997-52-1418(宝勢丸鰹漁業生産組合)
10:00〜17:30(売店は9:00〜19:00頃)
定休日:不定休(魚が無い時。カツオのぼりが出ていたら営業中)
housei丼 580円
houseiバーガー 300円
魚ロッケ 100円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【奄美大島編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52058791.html