ラストは、奄美や鹿児島の美味なる豚を用いたとんかつ


奄美大島グルメ2泊3日の旅も、いよいよラストの1軒となりました。
向かうは、ほぼ国道58号線沿いにある『奄美 豚豚亭 龍郷道場』。
初日の1軒めに伺った『ひさ倉』の左隣。もともとは『ひさ倉』がこちらにあり、東側に一戸建てを建てて移り、こちらに『奄美 豚豚亭 龍郷道場』がオープンしたというわけ。
a-amami0901


店内も木目を活かした造りで、テーブルが整然と並んでいます。
清潔感もあり、様々なポスターもあって楽しい雰囲気。
a-amami0902


こちらは、奄美や鹿児島などの豚を用いた、とんかつ屋さん。
手作りの良さがPOPにも表れています。
a-amami0903


奄美大島の各種チラシなどもあり、観光案内所としての機能も。
a-amami0904


というのは、オーナーの斉藤正道さんは、奄美大島観光協会の会長さんもなさっているのです!
a-amami0905


メニュー表には豚の部位に関する説明もありました。
ヒレ、ロース、肩ロースなど。
a-amami0906


こちらで大評判なのが、奄美黒毛島豚。でも入手困難なので一日8食の提供です。今日も、売切れでした。
a-amami0907


というわけで、かごしま純粋六白黒豚の本ロースのとんかつ定食を頂くことに。
a-amami0908


ボリュームたっぷりです。とんかつの他にごはんやお味噌汁、付け合せなどが。これで1500円!お値打ち。
a-amami0909


パン粉からして違いますね。普通は12个鉾圓い織僖麒瓦任垢、こちらは25弌なので、サクサク感が違います。ラードも上質なものを使用しているので、香ばしさも全然違う。
a-amami0910


豚肉自体も、分厚いのに柔らかくて、ふわりとした甘みもあって、美味。
斉藤さんは、東京その他、様々なとんかつ屋さんを回り、研究を重ねているそうです。ちなみに『龍郷道場』と名付けているのは、「日々進化する」という気持ちの表れだとか。
a-amami0911


お味噌汁は皮つきの豚を用いた豚汁。
a-amami0912


もずくも地元で採れたものを使用。
a-amami0913


こちらでは定番のパパイヤの漬物は、地元の身体障害者さんたちの団体に作ってもらっているのだそう。
a-amami0914


「多方面にわたって奄美を盛り上げたい」そんな斉藤さんの意気込みが伝わってくるとんかつ定食なのでした。


おいしかった!! ごちそうさまでした!!


奄美 豚豚亭 龍郷道場(あまみ とんとんてい たつごうどうじょう)
鹿児島県大島郡龍郷町屋入511
0997-62-5103
11:00〜20:30(20:00L.O)
無休
黒豚(六白)とんかつ定食 1500円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【奄美大島編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52058791.html