うどん店で味わう“淡路島ぬーどる”使用のカレーつけ麺


おはようございます。南あわじ市グルメ2泊3日の旅、2日めです。
今日は南あわじ市の有名うどん店『鼓亭』からスタート!

『鼓亭』は、創業約30年。以前の場所でも大評判でしたが、大評判すぎて店舗拡張のため、こちらへ移転して10数年。
a-awaji0401

a-awaji0402


もちろん、料理の美味しさにも定評がありますが、とても面白いというか変わっているのが、店内。なんと、金庫室の扉があります。
a-awaji0403


実はこちら、もともと銀行だったそうで、その時の金庫室の扉を残しているそう。

ダイヤル式のカギもそのまま。
a-awaji0404


当時の金庫室にはテーブルが並び、うどんが味わえます。
a-awaji0405


それにしても、様々な絵画や調度品が飾られています。
鳴門海峡の大きなイラストや、某有名人の版画、淡路島でも盛んなだんじりの模型、自動車メーカースズキの会長のサイン……
a-awaji0406
a-awaji0407
a-awaji0408
a-awaji0409


ご主人の赤沢稔さん。大阪で修業を積んで、地元へ戻ったあと、結婚式場などで腕を揮い、独立したそう。「給料も人の2倍くらい貰ってましたね。動労時間も人の2倍だったけれど」と、笑います。自分のお店を持ってからも「地元の人が多いから手を抜けませんね」と、真剣な毎日。
a-awaji0410


もちろん、うどんも美味しいですが、今回いただいたのは「淡路島ぬーどる カレーつけ麺」
a-awaji0412


淡路島は古くから手延べ麺が有名で、それを活かして誕生したのが乾麺の「淡路島ぬーどる」。今、「淡路島ぬーどるプロジェクト」というのがあり、島全体で様々な店舗がこれを用いて料理を提供しています。『鼓亭』ではカレーつけ麺バージョンを考案したというわけ。

細めで、するりと、食べやすい麺ですね。
a-awaji0413


つけ汁がカレー仕立てなんですが、スパイスが効いていいるものの淡路島ならではの玉ねぎが甘さを引き立てています。チーズや温泉玉子のコクもGOOD。
とろみもあり、このままカレーライスでもイケそうで、「え?うどん屋さんでこの高レベルって?」と驚きましたが、実は赤沢さんは洋食出身なのだそう。その時の腕が活きているというわけ。なるほど!
a-awaji0414
a-awaji0415


淡路島産の玉ねぎを使用したオニオンフライや、淡路島産いのぶたのカリカリ揚げも付いています。
a-awaji0416


そして、ごはん。残ったつけ汁に入れても良し、こちらにつけ汁をかけても良し。その他、それぞれの楽しみ方ができそうです。
a-awaji0417


淡路島の“美味”がコラボレーションしたようなつけ麺に敬服しました!

おでんもありました♪
a-awaji0411



おいしかった!! ごちそうさまでした!!


鼓亭 (つづみてい)
兵庫県南あわじ市福良甲512-22
0799-52-2639
11:00〜15:00 17:00〜20:30
定休日:木曜日
淡路島ぬーどる カレーつけ麺 880円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【南あわじ市編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52062115.html