阿蘇の田園の中で、手作りソーセージのホットドックなどを満喫


雄大な阿蘇の山々を眺めながら、コーヒーを飲む。
自然豊かな風景の中でのひとときは、まさに癒しのひとときです。
a-kuma0800
a-kuma0801


そんなイメージにぴったりなのが『ヒバリカフェ』。
a-kuma0802


ホントに田園の真ん中あたりにポツンと建っているわけです。
a-kuma0804


外のオープンエアーな雰囲気の中でも味わえて、まさに自然を独り占めみたいな。
a-kuma0803


建物も黒を基調としていて、洒落た造り。
a-kuma0805


もちろん店内でもゆっくりとした時の流れを堪能できます。
a-kuma0806
a-kuma0807


ご主人は池田智巳さん。
もともとは高校の食品加工課の先生だったお父様が退職後に趣味でハム、ソーセージ作りなどを始めたのがきっかけなのだそう。
それを、池田さんが手伝うようになり、商品化。
「みなさんが、遠方からウインナーやベーコンなどを買いに来て下さるようになったのですが、ここで食べられたらいいのにね、という声が多かったんです」
そこで、6年前にカフェを併設したそう。
a-kuma0816


そんな話を伺いながら、まずはコーヒーを頂きました。
あれ?紅茶みたいだ。
これはフレンチプレスで淹れるコーヒーなのだそう。
a-kuma0808


砂時計で3分じっと待ち……
a-kuma0809


そして、注ぎます。こうすることで油脂分を充分に抽出できて、豆の持ち味を楽しめるそう。優雅なひとときという感じも素敵です。
a-kuma0810


そしてお目当ての「ヒバリドック」
阿蘇の豚を使用した、ポークウィンナー。そして、肥後あか牛と阿蘇ものがたりのケチャップ等を使用した自家製ミートソースが、たっぷり。
a-kuma0811


池田さんたちが手作りしたソーセージを用いたホットドックは優しい味わい。
ソーセージはカットして仕込んで寝かせて、そしてボイルしたあとサクラチップで燻煙して、と、2日がかりで作るそう。
a-kuma0812


敷地内にはオートバイのガレージもあります。
バイクが大好きみたい。今日も知り合いのバイク仲間が走ってきて、池田さんと話していました。
a-kuma0813
a-kuma0814


そしてこちらが工房&ショップ。
こんなに評判になったのは2005年のドイツでの食肉コンテストで金賞を受賞したのが大きかったそう。
今は20〜23種を作成しています。ネット販売などもしていますが、生ハムなど、ここでしか買えないものもあるので、ぜひ訪れたいものです。
a-kuma0815
a-kuma0817
a-kuma0818



おいしかった!! ごちそうさまでした!!


ヒバリカフェ
熊本県阿蘇市一の宮町中通640-1
0967-22-1894
11:00〜17:00
定休日:火曜日
(ひばり工房は9:00〜18:00 無休)
コーヒー 500円
ヒバリドック 490円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【熊本編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52065836.html