【追伸】JAL旅プラスなび おいしいニッポン!ご当地グルメの旅 第43回「箱根編」がJAL側でもUP♪
https://www.jal.co.jp/tabi/special/hants/43/



クラシカルな富士屋ホテルでいただく、長く愛されるビーフカレー


箱根、宮ノ下。『富士屋ホテル』は1891年(明治24年)に建てられました(本館)。社寺建築を思わせる瓦葺屋根、唐破風の建物。クラシックなフロントやロビーに時代の流れ、そしてゆったりとした時間を感じます。まさに歴史に彩られたクラシックリゾート。
a-hako0101
a-hako0102
a-hako0103


その本館の隣が食堂棟で、1930年(昭和5年)の建築。ディナータイムにはフランス料理がいただけるメインダイニング「ザ・フジヤ」で、ランチのカレーコース(ビーフカレーセット)を。
a-hako0104

a-hako0105


高い天井には全て異なる4種類ずつの日本アルプスに自生している高山植物636種類が描かれ、周囲には花の美しさ、香りに魅せられた野鳥507羽、蝶々238匹が舞っています。さらに欄間には日本を代表する草木、並びに十二支に出てくる動物の彫刻が見事に飾られています。
a-hako0106


これらは3代目経営者の山口正造氏の指示によるものだそう。彼は従業員の教育、指導に大変熱心な方で、従業員が常にお客様に対し、誠心誠意、真心のこもったおもてなしをするようにと、柱の下部に鬼の形相の自分を配置し、見守っていたりも。
a-hako0107


まずはコンソメスープが運ばれてきました。(ポタージュスープも選べます)
テーブルの上で、スープをサーブして下さいます。
a-hako0108


まさに本物のコンソメスープです。優しく、そして奥行きのある味わい。
a-hako0109


サラダもフレッシュで彩りも豊か。
a-hako0110


そしてメインディッシュのビーフカレー。
a-hako0111


通常、カレーはブイヨンを使用したりしますが、こちらではキチンとコンソメを用いて作ります。仕上げをした後にさらに寝かせ、驚くほどまろやかな味わいに仕上がっています。
a-hako0112


欧風カレーともいうべき方向性で、まさに長く愛される味。
国内・国外の著名人も召し上がれた伝統の逸品。
a-hako0113


葉とうがらしやレーズン、ピクルス、マンゴーチャツネなどの薬味も付いています。
a-hako0114


食後にはデザート。
a-hako0115


そして、コーヒー。
a-hako0116


ちなみに「ザ・フジヤ」ではランチのみ提供ですが、ディナー時にはグリル「ウイステリア」でもいただけます。


おいしかった!! ごちそうさまでした!!


富士屋ホテル ザ・フジヤ
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359 富士屋ホテル
0460-82-2211
7:30〜9:30
11:30〜14:00(土日祝〜14:30)
17:45〜20:30(予約制。ご予約は17:45〜/20:00〜)
無休
カレーコース(ビーフカレーセット) 4480円(税別)(ランチのみ提供)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【箱根編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52068479.html