【追伸】JAL旅プラスなび おいしいニッポン!ご当地グルメの旅 第43回「箱根編」がJAL側でもUP♪
https://www.jal.co.jp/tabi/special/hants/43/



珍しき「豆腐かつ煮定食」を、強羅でいただく


箱根登山鉄道強羅駅から徒歩2分のところに『田むら銀かつ亭』があります。連日、大盛況で、待ち客多数。伝統を感じる和のたたずまいの落ち着いた外観です。
a-hako0301
a-hako0302
a-hako0303


新進気鋭店に見えますが、案外と歴史があり、1973年(昭和48年)の創業。
日本料理出身の初代、田村音松氏が、小料理店としてスタートし、後に、とんかつ・焼き鳥・鰻・季節の一品料理もあるとんかつ店に。
現在は息子である2代目の田村洋一氏を中心に、スタッフが切り盛りなさっています。
a-hako0304
a-hako0305
a-hako0306


こちらの名物は「豆腐かつ煮定食」
オーダーすれば案外と早く登場です。蓋付きなので、開ける楽しみも。
a-hako0307


蓋を開ければ、ご覧のとおり。
湯気とともに、一気にふわっと良い香りがただよいました。
a-hako0308


2代めの洋一氏が日本橋『伊勢定』や浅草料亭『婦志多』修行後、戻ってきたのが1990年(平成2年)。その後、メニューのリニューアルをかけ、5年後に誕生したのが、この「豆腐かつ煮」です。
地元で懇意にしていた『銀豆腐』というお豆腐やさんと話していくうちにまず「豆腐かつ」が誕生し、それをかつ丼のようにして煮込んで母親に出したところ、とても喜ばれたそう。それをヒントに、『銀豆腐』さんと一緒に研究を重ねて、今のスタイルが完成したのだとか。
a-hako0309


簡単にいえば、豆腐の間に国産豚のミンチが挟まった玉子とじ煮なんですが、豆腐が「絞り豆腐」といって、けっこうしっかりと硬いタイプなのだそう(そうじゃないと崩れちゃうとか)。
a-hako0310


旨いです。サバ節などの深みや、玉ねぎの甘さなどで構成された、甘じょっぱい味付けも相まって、ごはんとの相性も絶妙。しかも熱々なので、より美味しさが伝わってきます!
a-hako0311


ほかにも、“ルイビ豚”“富士の黒豚”“和豚もち豚”から選べる「ロースかつ御膳」なども。

隣には『銀かつ工房』と名付けられた、ちょっとしたイートインスタイルのカフェが併設されています。
a-hako0312
a-hako0313


一番人気の「銀かつサンド」、「銀かつバーガー」などが味わえます。
a-hako0314



おいしかった!! ごちそうさまでした!!


田むら銀かつ亭
神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-739
0460-82-1440
11:00〜14:30(L.O) 17:30〜19:30(L.O)
定休日:水曜日、火曜の夜
豆腐かつ煮定食 1330円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【箱根編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52068479.html