さまざまな愛媛のご当地グルメなどが松山市に集結!


愛媛のご当地グルメといえば、最近、話題なのが「今治焼豚玉子飯」。同じく今治ですと「今治ラーメン」「今治やきとり」などが有名です。「せんざんき」もありますね。そうだ!「西条てっぱんナポリタン」も。


それらが、気軽に松山市でいただける1軒が『笑姫きっちん ef』(えひめきっちん えふ)。
ロープウェイ通りから東へちょこっと入ったところに店舗があります。
a-matu0901


愛媛の果物といえばみかん。そんな印象や彩りが、随所に現れた店内。
a-matu0902


地元の作家さんの作品も販売なさっています。
a-matu0903


愛媛のご当地ピッツァも有名らしいのですが、今回は定番のご当地グルメをいただくことに。
a-matu0904


まずは、ドリンク。
こちらは「紅まどんなジュース」
愛媛県産の「紅まどんな」という柑橘を搾ったジュースで、無添加、無加糖。
なのに甘みがあり、活き活きフレッシュな味わい。
a-matu0905


目の前でグラスに注がれます。
a-matu0906


が、“こぼす”スタイルは日本酒ならまだしも、ソフトドリンクでは非常に珍しい!こういう遊び心というかサービス精神も、さらに人気に拍車をかけています。
a-matu0907


そして、2品をご紹介。

「今治焼豚玉子飯」
約40年前、今治市内にあった『五番閣』(閉店)のまかない料理として誕生し、厨房での人気のあまり、メニュー化された一品。そして市内ではソウルフードとなり、約60店舗で提供されています。最近では更なる普及をめざして「今治焼豚玉子飯 世界普及委員会」ができ、彼らがご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」に出展したところ、大評判。9大会連続で入賞受賞という快挙に。
a-matu0908


ご飯とスライスした豚肉(こちらでは肩ロース)、半熟の目玉焼き、そして甘辛いタレが一体となって美味しさのハーモニーを奏でています。
a-matu0909



「しまなみ鯛だしラーメン」
はじめは炮烙焼や鯛めしで有名な大島の海宿『千年松』のまかない料理として食べられていたものを、常連さんに〆の麺として提供したところ「普段も食べたい」という声が多数寄せられ、今治の有志が「来島の良品を伝える会」を発足、ご当地イベントで提供されるようになったラーメン。
a-matu0910


のどごしの良い中太麺を啜るたびに、海流が急な来島で採れた「来島鯛」で採った芳醇な鯛スープの風味が沸き立ちます。
a-matu0911



おいしかった!! ごちそうさまでした!!


笑姫きっちん ef (えひめきっちん えふ)
愛媛県松山市大街道3-3-5 1F
089-993-6450
11:30〜15:00(14:30L.O) 17:30〜22:00(21:00L.O)
日祝11:00〜17:00
定休日:水曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
紅まどんな 800円(料理とセットだと600円)
今治焼豚玉子飯 800円(ハーフサイズ550円)
しまなみ鯛だしラーメン 800円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【松山編2】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52071523.html