ラムの美味しさを堪能できる要予約ジンギスカン


北海道といえばジンギスカンが有名ですが、ここまでこだわっている1軒も珍しいです。大通西16丁目の『ラムハウスQUEQUERE(ケケレ)』。
a-sap0101


外観の「生肉じんぎすかん」の文字にワクワクしながら入店すると、丸太を活かしたテーブルやカウンター、そして独特のジンギスカン用の鍋が配置されています(建物は近々、建て替える予定があるとか)。
a-sap0102


マスターは遠藤定見さん。北見の出身で、長年ドイツとかヨーロッパでコックをなさっていたそう。
a-sap0104


メニューを拝見すれば、まず目に飛び込んできた文字が「絶品!ラムの刺身」です。
a-sap0105


もちろん看板メニューなのでオーダー。
わぁ、新鮮で臭みが全く無い!
a-sap0106


伺えば、アイスランドから生後6か月のラムを1/4頭買いなさっているそう。
a-sap0107


チルドで到着したラムを特別に拝見♪
a-sap0108


さて、ジンギスカンをいただきます。
まずは「野菜五種盛り合わせ」
本来は、時間がかかるので炒めてから提供されますが、撮影用に並べて下さいました。
北見の玉ねぎなど、今の時期は北海道も野菜が豊富&美味しい!
a-sap0109


そして「特上ラム肩ロース」
a-sap0110


ラードを載せて・・・
a-sap0111


ラム肩を鉄板に並べていきます。
a-sap0112


だんだん焼けてきました! 遠藤さんは、ヨーロッパでラムの美味しさを知り、北海道に戻ってきて、本当に美味しいラムをみんなに提供したいと思ったら、必然的にジンギスカンスタイルになったのだとか。そんな話を聞くと、さらに美味しさに拍車がかかります。
a-sap0113


これまた全く臭みがなく、ジューシー&ミルキーなテイストで美味しい!
a-sap0114


そして、珍しいのは“塩だれ”なんです。
バジル、一味、タイム、ナツメグ、シナモン、ローリエなど約20種類のスパイスで構成されていて、ラムの良さをさらにひきたてています。
a-sap0115


ちなみに遠藤さんは、隣の、ワイン&ヨーロピアンダイニング『ダンケシェーン』も切り盛りなさっています。
a-sap0103



おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!


ラムハウス QUEQUERE (ケケレ)
北海道札幌市中央区大通西16-1-11
011-611-0299(要予約・2名から)
11:30〜14:00 17:00〜22:00
無休
絶品!ラムの刺身 890円
野菜五種盛り合わせ 720円
特上ラム肩ロース 990円

JAL×はんつ遠藤コラボ企画【札幌小樽編3】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52076774.html