料理や握りなどに真剣さがみなぎる


2014年11月、すすきのに彗星の如く現れた1軒の寿司店があります。それが『鮨 絲』。
a-sap0601


店主は東京•札幌の名店で腕を磨いた寿司職人歴35年以上の伊藤信夫。お客様一人ひとりのリクエストに応える柔軟な接客と、旬の食材を贅沢に活かして、作られた繊細な寿司の数々。おもてなしの心に溢れた握り立てのお寿司を、心行くまで楽しめると評判です。
a-sap0602


そのため、料理も握り寿司のみならず、旬の食材を活かした一品料理も。

「あぶらこの煮付」
a-sap0603


「カキソテー」
a-sap0604


「ヤングコーン」
a-sap0605


「トロしゃぶ」
a-sap0606


「しらうお唐あげ」
a-sap0607


素敵な一品をいただいたあとは、もちろん握り寿司も。
a-sap0608


ネーミングも一興です。
上が「小島スペシャル」
とろとたくあんを巻いて、胡麻油をつけて、さっと焼いてあります。
下が「漢の涙まき」
葉わさびと山わさびの巻物。周りはとろろ昆布。
a-sap0609


ウニといくらは「猪又スペシャル」
そして、えびみそ軍艦とボタンエビ、キンキの炙り
a-sap0610



「地元の魚もいいですが、長崎ののどぐろなど各地の旬の魚なども提供しています」と伊藤さん。主に地元の魚は中央市場、航空便で来るものはすすきの市場などに仕入れに行くとか。

酢めしも江戸前の赤酢にこだわったもの、米酢のものなど、食材によって使い分けているそう。真剣な仕事ぶりが見られます。


鮨 絲  (すし いと)
北海道札幌市中央区南6条西3丁目6-6 NEXTビル1F
011-206-0750
17:30〜26:00(入店まで)
定休日:日曜祝日
チャージ 1000円(以下、全て税別)
あぶらこの煮付 800円
カキソテー 1000円
ヤングコーン 600円
トロしゃぶ 1200円
しらうお唐あげ 800円
小島スペシャル 1500円
漢の涙まき 600円
猪又スペシャル 1800円
えびみそ軍艦とボタンエビ 1000円
キンキの炙り 800円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【札幌小樽編3】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52076774.html