大御所の串焼き店。カシラ&砂ギモ旨し!


全国には様々なご当地やきとりが存在します。北海道も美唄、室蘭、函館などが特に有名。「やきとりってご当地があるの?」と思われる方へ。あるんです。例えば、美唄は一本の串に様々な部位が刺さっています。室蘭は豚なのに“やきとり”。函館も豚ですね。以前にご紹介したハセガワストアの「やきとり弁当」も、豚でした。
そんな函館でもひときわ人気の1軒が『大門かしらや』です。もっとも、こちらは豚のかしらを串に刺したものが大評判で、店名も「かしらや」なので、やきとり屋さんって感じではないですが。
a-hako0501


カウンター主体の店内は昭和的な雰囲気がまだ残っています。
てっきりご自宅を改装してなさっているのかと思っておりましたが、店舗を借りているのだとか。
a-hako0502
a-hako0503


ご主人の荒井賢治さんは、80歳とは思えぬしっかりとした出で立ち。やはり、ずっと一線で活躍なさっている方は違いますね。30年以上前に、脱サラで始めたそう。
a-hako0504


串の価格も安い! 値上げしたとはいえ、安い! カシラ70円ですよ!
a-hako0505


「砂ギモ刺身」
鶏は、東北(宮城、福島、青森)から来るそう。
a-hako0506


クセがなく、食べやすい。新鮮さが抜群。
a-hako0507
a-hako0508


串も焼いて頂きました。炭火でじっくりと焼き上げる王道の姿に、威厳すら漂います。
焼き台の前の、モクモクの煙りも凄い!
a-hako0509


「カシラ」 1人前は5本です。
a-hako0510


森町のSPFポークなのだとか。
a-hako0511


白胡椒を振って頂くのが、通の食べ方なのだそう。
a-hako0512


相当大量にかかったと思いきや、まったりとしたほんのり甘めのタレと一緒になると、程よい胡椒の感じとなり、びっくりするくらい旨い!
a-hako0513


「砂ギモ」
a-hako0514


生でも味わえるほどの砂ギモですから、活き活きと、そして、コリコリと、美味。
a-hako0515


17時から営業開始なのに、16時台にはお客さんが入ってきちゃったりと、まさに大評判。外の行燈が消えたらイチオシの「カシラ」はもう無いそうです。


おいしかった!! ごちそうさまでした!!


大門かしらや
北海道函館市東雲町17-4
0138-27-1423
17:00〜22:00(行燈消えたらカシラは終了)
定休日:日曜、祝日
砂ギモ刺身 450円
カシラ 70円(1本)
砂ギモ 90円(1本)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【函館編2】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52079233.html