最後に広島空港でこだわりお土産をGET


いかがでしたでしょうか。広島グルメ2泊3日の旅。
名物のお好み焼からスタートし、カレー、おでん、ハンバーグ、スイーツ、天ぷらなど、さすが大都市・広島。何度伺っても奥が深いです!

さて、今回も番外編。

広島空港2階には、特にこだわりのお土産をセレクトしたショップがあります。
『FUKUYA』 。八丁堀に本店のある広島の有名百貨店が出店しているショップです。
a-hiro1001


こちらで、今、大人気なのが「瀬戸内フルーツジュレ」
アヲハタ株式会社から新ブランド「est-etto(エスト・エット)」の第1弾商品として2013年に新発売。瀬戸内産の柑橘を使ったジュレを、瀬戸内海に浮かぶ島の風景をイメージした小箱で包み、「瀬戸内」の世界観を表現したそう。瀬戸内ブランド推進協議会が認定する「瀬戸内ブランド認定商品」です。
a-hiro1002


雨が少なく、一年を通じて温暖な瀬戸内は、おいしくて上質な柑橘の栽培に最適の場所。その瀬戸内の美しい風景と、そこで育まれた柑橘の素晴らしさを伝えたいと思い、果実の魅力をギュッと詰め込んだジュレを、瀬戸の島をイメージしたパッケージで包んだ作品。パッケージは IC4DESIGN のカミガキヒロフミ氏のデザインです。
a-hiro1003
a-hiro1004


「レモンの島」
 青い空の下、吹き抜けるさわやかな風。生き生きとした若者をイメージ。クールでスッキリとした味わいのジュレ。
「夏柑の島」
 瀬戸の自然や文化が織り成す重層的な風景のように、酸味と苦みが混ざり合う味のバランスが絶妙。奥深く味わい深い、大人をイメージしたジュレ。
「ネーブルの島」
 穏やかに、温かく瀬戸を照らす太陽をイメージ。無邪気な子供を思わせる素朴な味わいの、甘くて食べやすいジュレ。
a-hiro1005
a-hiro1006
a-hiro1007


そして、巴屋清信から発売の「江波せんべい 海鮮しぼり焼牡蠣」「牡蠣オリーブ油漬」。2016JALキャンペーンにも選ばれています。
a-hiro1008


「江波せんべい 海鮮しぼり焼牡蠣」
広島江波の牡蠣の身を、巴屋独自の“しぼり焼き”製法で、一枚一枚圧縮しながら丁寧に焼きあげた一品。牡蠣の濃厚な風味と美味しさ、香ばしいぱりぱりとした食感が楽しめます。
a-hiro1009
a-hiro1010


「牡蠣オリーブ油漬」
「海鮮しぼり焼牡蠣」をオリーブ油に漬け込み、仕上げています。牡蠣の濃厚な風味とオリーブ油の絶妙なハーモニー! ご飯やパスタなどに載せたら、もう、最強です!
a-hiro1011
a-hiro1012
a-hiro1013



FUKUYA 広島空港ショップ
広島県三原市本郷町善入寺64-31 広島空港ターミナルビル2F
0848-86-8811
7:00〜20:00
無休
瀬戸内フルーツジュレ 各289円 (3種類セット972円)
江波せんべい 海鮮しぼり焼牡蠣 824円
牡蠣オリーブ油漬 1296円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【広島編2】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52081021.html