世界遺産の知床ウトロで豪華なホテルライフを

先日、北海道は知床に行きました。いわゆるウトロという地区の斜里町。
夏場は避暑地としてにぎわいますが、冬場も素敵です。12月は漁も終わり、街はまさに静けさという言葉がぴったり。

そんな斜里町にあるのが『知床グランドホテル北こぶし』。
世界遺産の知床の真っただ中の、まさに高級ホテル。
a-utoro01
a-utoro02


お部屋のタイプはいくつかありますが、今回泊まったのはクラブフロアの「オホーツク倶楽部」。まさに目の前には知床の大海原が広がっていて、幻想的な雰囲気です。
a-utoro03


お部屋が広くて、写真に納まりきれません。
a-utoro04


しかも、チェックインして室内に入ったら、すでに音楽が流れていました。
なぜ?と思ったら、このミュージックマシーン。USBでメモリースティックが挿入されていて、その中にたくさんの曲が入っているみたい。粋な演出です。
a-utoro05


ベッドも広々。ゆったりとくつろげる雰囲気です。
a-utoro06
a-utoro07


アメニティも充実。
a-utoro08


珈琲は、豆から自分で挽くスタイル。
上質な時がさらに広がります。
a-utoro09


『知床グランドホテル北こぶし』のすばらしさは随所にあります。
ディナーもゴージャス。
もう説明が要らないほど、の、すばらしさ。
a-utoro10
a-utoro11
a-utoro14

a-utoro15
a-utoro17


温かい料理は温かく。
目の前でシェフが炙り焼き。
a-utoro12
a-utoro13
a-utoro16


総料理長もご挨拶に来て下さいました(*^^*)
a-utoro18


素敵なホテルは、BARもGOOD。
シャンパンやウィスキーロックで、大人な夜を過ごせました。
a-utoro19
a-utoro20
a-utoro22
a-utoro23