名物の盛岡冷麺と焼肉は一心同体、相乗効果!


冷麺というと、朝鮮半島の平壌が発祥で、日本の焼肉店でも気軽に載っているメニュー。でも盛岡にはそれとはちょっと違う、名物の盛岡冷麺が存在します。
それを求めて『ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店』へやってきました。
a-mori0501


『ぴょんぴょん舎』は岩手県を中心に宮城県、関東に計13店舗。盛岡駅前店は1,2階が個人客、3階が個人客と団体観光客の予約席という大所帯。しかも、界面活性作用を持つエネルギー水(創生水)を使用し、洗剤を使用しない厨房を実現しています。
a-mori0502
a-mori0503


もちろん「盛岡冷麺」をオーダーです。
別辛、中辛、特辛、激辛から選べますが、特にオススメの中辛で。
a-mori0504


牛骨と鶏ガラで採ったスープの、爽やかな風味と冷たさがいいですねコラーゲンもたっぷり。食べ進むうちにキャベツや大根のキムチの辛味が徐々にスープに辛味を加えていきます。
a-mori0505
a-mori0507


そして最大の特徴はオーダー後に絞り出す自家製麺。朝鮮半島の冷麺が蕎麦粉を用いるのに対し、こちらは小麦粉と馬鈴薯でんぷんで、コシが強く、表面はツルッと喉ごしが良いタイプ。
実は盛岡冷麺という名は、1986年(昭和61年)に、前身である『ぴょんぴょん亭』が麺料理のサミットに出店した冷麺が評価され、名づけられたのだとか。
a-mori0506


さらに、焼肉の〆に冷麺というスタイルだけでなく、盛岡では焼肉を食べながら冷麺を食べるスタイルがスタンダードだそう。
というわけで「岩手三昧」も。
霜降りの前沢牛、赤身の短角牛、リブロースの雫石牛が味わえる贅沢な3点セット。
a-mori0508
a-mori0509


焼肉の牛肉と、冷麺の牛骨スープを一緒に味わう事で、お互いの旨味が引き立ち、さらに美味しく頂けます。
a-mori0510
a-mori0511
a-mori0512


おいしかった!! ごちそうさまでした!!


ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店
岩手県盛岡市盛岡駅前通9-3
019-606-1067
11:00〜24:00(23:00L.O)
無休
盛岡冷麺 820円(税別)
岩手三昧 3100円(税別)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【岩手編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52092103.html