駅近の隠れ家的雰囲気でいただく鉄板焼


九州新幹線が鹿児島まで開通して、JR鹿児島中央駅周辺は本当に様変わりしました。もともと駅名も西鹿児島駅だった場所。複合商業施設アミュプラザ鹿児島、アミュプラザ鹿児島プレミアムも誕生し、賑わいを見せています。
そんな鹿児島中央駅から徒歩約1分。中央郵便局の通りを挟んだ向かいのKDMBLD2階。駅からすぐにも関わらず、2階ということもあって、隠れ家的な雰囲気も魅力です。
a-kago0101
a-kago0102


マスターの安田智之さんは、鹿児島の出身。「最初はホテルマンになりたかったんです」
そのためホテル関係の専門学校を卒業。その後、飲食店に興味を持ち、グランドハイアット福岡内にある日本料理の老舗『なだ万』へ就職。ホールを担当していたそう。

それがなぜ鉄板焼にと、伺えば、『なだ万』で東京や名古屋に転勤になるうちに、料理に魅入り、名古屋で鉄板焼きを覚えたのだとか。
そして、地元の鹿児島へ戻り、暫くして店舗を構えました。
a-kago0104


カウンター6席のほか、お座敷やテーブル席も。団体や接待にも使用できる個室もあり、最大20名までの宴会もできるそう。
でも、やはり特等席は、カウンター。目の前で焼く姿を拝見しつつ、様々な会話をしながら料理をいただくのは格別です。
a-kago0103


料理は3000円からのコース料理もありますが、アラカルトでもOK。
まずはアスパラなどの野菜を焼き、そして、牛肉。
a-kago0105
a-kago0106


「黒毛和牛のサーロインステーキ(150g)」
まさに“王道の鉄板焼”といった味わい。肉厚で、程よいサシ(脂身)の入ったサーロインステーキは、黒毛和牛の良さをしっかりと伝えています。ガーリックオイルで味わいます。
a-kago0107
a-kago0108


「たこと長いもとトマトのジュレドレッシング」
たこなどの食材の良さと、ジュレの程よい甘みと酸味で、良い箸休めに。
a-kago0109
a-kago0110


「さざえのエスカルゴ風」
修業先にあったオーブンで焼くエスカルゴ風をアレンジした作品。予めボイルをしたさざえを、ガーリックバターとパン粉で仕上げています。少しだけ醤油も隠し味になり、和の雰囲気も。
香ばしさもぴったり。
a-kago0111
a-kago0112
a-kago0113


「お客様は特に40〜50代が多いですね。あと、7:3で女性が多いです」と、安田さん。
駅から近いし、隠れ家的な雰囲気だし、覚えておくととても重宝する鉄板焼の1軒です。


おいしかった!! ごちそうさまでした!!


TePPan やす田 (やすだ)
鹿児島県鹿児島市中央町2-6 KDM BLD2F
099-251-7828
17:00〜23:00L.O 予約推奨
定休日:日曜日(月曜が祝日の場合は日曜営業、月曜休)

黒毛和牛のサーロインステーキ(150g) 2300円
たこと長いもとトマトのジュレドレッシング 800円
さざえのエスカルゴ風 700円
※チャージ 500円(小皿3品)


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【鹿児島編】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52102519.html