タレのかかったザンギが大量!甘酸っぱい味わいも大満足


釧路には様々なご当地グルメが存在します。ザンギ、ろばた焼き、最近では「さんまんま」、阿寒に行けば阿寒やきとり丼など。中でもザンギは釧路発祥ですが、今や北海道各地に広がり、人気です。そのザンギがちょっと進化したザンタレを求めて遠矢へやってきました。
a-kushiro1001 (1)


『南蛮酊』は創業以来、約40年。一軒家の可愛らしい建物です。
a-kushiro1001 (2)
a-kushiro1001 (3)


ご主人は藤野邦夫雄さん。もともとは繁華街の末広町でお店を営んでいたそう。当時の営業は夜のみで、ピザなども人気だったとか。店舗兼居宅を建てて、こちらへ移転したそう。
店内は1階と2階があります。ザンタレ屋さんではなく、洋食レストラン。一番人気がザンタレというわけです。
a-kushiro1001 (4)


早速オーダーしてしばらく待ちます。オーダー後に揚げるので、ちょっと時間はかかりますが、おいしいほうが良いですからね。ワクワクしながら待ちます。そして、登場。
うわぁ、この量は!
a-kushiro1001 (5)


まさに「ボリュームたっぷり」という表現そのものです。
a-kushiro1001 (6)


ザンタレがそびえ立っている!!
釧路は大盛文化だとは聞いていましたが、それにしても凄い!!
a-kushiro1001 (7)


釧路発祥のザンギは、簡単にいうと鶏のから揚げ。それにタレをかけたのが「ザンタレ」です。『南蛮酊』が元祖ともいわれています。
ザンギを揚げて、お皿に盛ってから、タレを上からかけるそう。揚げたてにかけるのが、味が染みてよりおいしくなるのだそう。
a-kushiro1001 (8)


いただくと、ザクっとした食感の中に、砂糖と酢、醤油などで構成させたタレの甘酸っぱさがじんわりと浸透していて、しっとりさも併せ持っています。
もともと、鶏肉には塩胡椒、そして酒や醤油、でんぷん、卵などを合わせた衣をつけて揚げているので、本来の香ばしさと甘酸っぱさがコラボレーション。
ひとつひとつも大ぶりで、しかも全部で700gくらいあるそうで、もう、凄すぎです。食べきれなかったら、残りをテイクアウトできます。最初からテイクアウトとして買いに来るお客様も。
a-kushiro1001 (9)


さらに、定食にすると、ライス・みそ汁又はスープ、おしんこが付きます。
a-kushiro1001 (11)


さすが人気店。いろんな有名人の方々のサインも。
a-kushiro1001 (12)


洋食レストランなので、他にもいろいろなメニューがありました。チキントマトライス、イナリバーグなど気になる一品がたくさん。ぜひまた伺いたいです。
a-kushiro1001 (10)
a-kushiro1001 (13)



おいしかった!! ごちそうさまでした!!


南蛮酊(なんばんてい)
北海道釧路郡釧路町遠矢1-39
0154-40-3117
11:00〜21:00
定休日:月曜日、第1,3火曜日
ザンタレ定食 1300円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【釧路編2】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52110949.html