ボリュームたっぷりの豚丼を釧路で

豚丼。それは北海道の帯広発祥のご当地グルメとして全国的に有名です。でも、釧路にもこだわりの豚丼を提供なさっているレストランがあるのです。その名も「ぶた福」。
a-kushiro0701


店内はカウンターとお座敷。そして隣にはテーブル席も。
約50席もあるのに、営業時間中、ひっきりなしにお客様が訪れ、行列も珍しくない人気店です。
a-kushiro0702

a-kushiro0703


伺えば、ご主人の菅野武雄さんは、やっぱり帯広の出身でした。
近所に高専(高等専門学校)があり、約40年前から当地で下宿をなさっていたそう。そして食べ盛りの子供たちにお腹いっぱい食べてほしいと、豚丼屋さんを始めたのだとか。
a-kushiro0705


豚丼が完成するまで、壁に貼られた豚丼の説明を読みながら待ちます。
a-kushiro0706


ひとくちに豚丼と言っても、最近はバリエーションを持たせる店舗も増えてきました。こちらも種類豊富です。ロース豚丼、バラ豚丼、ミックス豚丼、カレー豚丼。
a-kushiro0704


新メニューに、しそ豚丼、豚カレーセットなども。
a-kushiro0718


「ロース豚丼」
登場した瞬間、おおっ!と声が出てしまうほど、たくさんの豚ロース。しかも厚みもあり、食べ応え抜群。滑らかでしっとりとした豚ロースで、上質な豚丼といった趣です。網焼きなので、さらに香ばしさも加わっています。米は国産米。豚丼には箸休め的に、かっぱづけ、大根、桜漬けが付いてます。そしてお味噌汁も。
a-kushiro0707
a-kushiro0708
a-kushiro0709


「バラ豚丼」
豚バラがまさにふんだん。これでもか!と載っています。その数なんと20数枚。食べても食べても無くならないようなボリュームに驚きます。ジューシーな豚バラ肉もいいですが、醤油とざらめなどと共に野菜も加えた手作りタレは、さらっと優しい甘さも。
a-kushiro0710
a-kushiro0711
a-kushiro0712

a-kushiro0716


「カレー豚丼」
凄い!豚丼とカレーライスが融合です。なぜ誕生したかというと、以前は豚を一頭飼いしていて、余った部分をどうしようかと考え、カレーを煮込むことを思いついたそう。深みのある味わいです。カレーもまろやかな味わいで、豚肉との相性もぴったり。
a-kushiro0713
a-kushiro0714


まさにボリュームたっぷり。タレも卓上にあるので、途中でかけることも可能です。ちなみに「豚丼のタレ」は販売なさっているので、おうちで豚丼なんてのもよいかもです。
a-kushiro0717
a-kushiro0719


おいしかった!! ごちそうさまでした!!

ぶた福 (ぶたふく)
北海道釧路市大楽毛西1-15-8
0154-57-4635
11:00〜14:30 17:00〜20:00
定休日:火曜日
ロース豚丼 880円
バラ豚丼 880円
カレー豚丼 880円


JAL×はんつ遠藤コラボ企画【釧路編2】目次へ戻る
http://hants.livedoor.biz/archives/52110949.html