隠れ家立地で、上品な“鯛らーめん”を

僕が葛飾区に住んでるというのもあって、大田区は、なかなかに疎い地域です。
蒲田とかはまあまあ行きますが、おそらく雑色駅は初めて来たような・・・
読み方すら知らなかった。すみません。ぞうしき、ですねー
京急線。

そんな雑色駅周辺は、実はゾゾタウンとか言われて、下町の話題スポットみたい。
でも、そこから奥に入った住宅地。なぜこの場所に?的なまさに隠れ家的立地に「鯛らーめん寿」は、ありました。
a-kotobuki1
a-kotobuki0


しかし、こちら、荻窪の名店『麺屋 正路』の姉妹店。
ご主人の樋口達也さんは正路で修業を積んで、こちらのお店を切り盛りなさっています。
a-kotobuki3


「鯛らーめん(塩)」をいただきました。
a-kotobuki4


オープンしたのは2016年9月。当初は鯛のアラをメインにした、いわゆる鮮魚系だったそうですが、今は、鯛のアラを少なくして、鯛煮干しを増やしたそう。
a-kotobuki2


a-kotobuki5


なので、
化学調味料を使わずに鯛煮干しをメインに真鯛、鶏ガラ、豚ガラ、香味野菜で仕上げたスープは、イタリアのサルデーニャ島の海塩などで仕上げて、上品な鯛風味が広がります。
a-kotobuki7


麺は菅野製麺。細ストレート麺との相性も抜群。
全体的に万人ウケする鯛ラーメンという感じでした。
a-kotobuki8


ちなみに樋口さんはずっと野球をなさってきたそうで、今でも小学生などに野球を教えているそう。
みんなが書いてくれた鯛の絵が飾られていて、和みます(*^^*)
a-kotobuki6



おいしかった!! ごちそうさまでした!!





関連ランキング:ラーメン | 雑色駅